ニュース

元警官が顔出し告白。検問や職質で「ノルマのために、罪のない人を検挙していた」

元鹿児島県警の男が「県警本部長が不祥事を隠蔽した」と批判し、注目を集めている。“正義の味方”警察にも知られざる裏の顔がある。巷にはどんな“モンスター”が潜んでいるのか、彼らを狂わせた原因は何なのか、探ってみた。

元神奈川県警巡査部長が告白!組織の点数至上主義がマジメな警察官を狂わせる

[モンスター警察官]に注意せよ!

’21年に神奈川県警を退職した「よっしー部長」

「せめてもの罪ほろぼしです」 ’21年に神奈川県警を退職した「よっしー部長」は、罪のない人たちを検挙してきた後悔から「警察組織の裏の顔」を発信するYouTubeを始めた。現在、チャンネルの登録者数は10万人。’23年10月に公開した「現役警官からの職務質問を論破する動画」は再生数400万回を超える。
「多くの批判を受けましたが、知ってほしかったんです。任意という名のもとに、どのように運転免許証の提示を求められ、所持品検査をされるのか。そして、ノルマを達成しようとする警察官に、いつかあなたが犯罪者にされてしまうかもしれないということを」

ノルマ達成のために検挙…まるで“情弱ビジネス”

よっしー部長の所属は自動車警ら隊だった。パトカーで街をパトロールし、110番通報を受ければいち早く現場に駆けつける。さながら『警察24時』の世界だ。