ニュース

ハロウィン当日…渋谷に集結した警察の本気を見た

今年の渋谷ハロウィンはやばい」との声が多く挙がっている。軽トラックを横倒しにする若者の動画がネット上でアップされ物議を醸し、痴漢、喧嘩で逮捕者が出るなど、確かに、今年の渋谷は例年にも増して「やばい」感じがひしひしと伝わってくる。

 10月31日の今日はハロウィン当日。平日ということもあり、先週の暴動ともいえる騒ぎは無いのではないかと予想しているが、平日の午後3時の時点で、街はコスプレをする人、それを撮影する人が集結していた。そして、街中に散らばる多数の警察官と護送車。鋭い目つきで辺りを警戒する彼らからは、「先週のように好き勝手させねえぞ!」のような迫力が感じられた。

ビル内のトイレは着替えNGのアナウンス


渋谷ハロウィン 渋谷周辺の商業施設内のトイレが、コスプレの更衣室と化しているとの情報もあったが、それはどうなのだろうか。ハチ公口にほど近いビルでは、ハロウィンのメイク、着替えを禁止する張り紙と、禁止の旨を大声で呼びかける店員の姿が。隣接する他のビルでも、同じアナウンスがされていた。明らかにコスプレ衣装の入ったスーツケースを片手にトイレに侵入しようとしていた女性は、しっかりと止められていた。

警察大集結!抑止力になるのか


渋谷ハロウィン 渋谷駅前のスクランブル交差点は、既に多くの人でごった返していた。まだ昼間の時間だが、既にコスプレをしている人も多く、いつも以上の賑わいを見せている。また、スクランブル交差点を始め街のいたるところに警察官の姿が。

渋谷ハロウィン 駅前にある交番前に終結した警察官たち。フォーメーションの確認なのか、何やら話し合いが行われている。『嵐の前の静けさ』という言葉がピッタリなほど、この空間だけは独特な雰囲気を醸し出していた。

渋谷ハロウィン 多数の護送車も。「暴れた奴は全員ブタ箱にぶち込むぞ!」 という警告か。まだ日の明るいこの時間でこの警戒。やはり先週の暴動の影響もあってか、今年のハロウィンは異様な空気感である。

次のページ 
街の人の声

1
2





おすすめ記事