恋愛・結婚

自分が評価される場所で勝負すれば既婚者でもモテる

何でコイツが? “なぜか”モテる既婚男【実例集】
●まずは市場を知れ

“経験豊富”マジックで、世間知らずのU25を狙い撃ち
清水正志さん(仮名)・44歳・ライター

101102_CL2_02.jpg
 池上彰に少し髪を増やしたようないでたちで、典型的なしょぼくれた40男といった風情のライター・清水さん。だが、今の彼女は何と22歳! 

 「僕は44歳だから、ちょうどダブルスコア(笑)。不安定な職業だし、見た目も冴えない……でも、探せば自分が評価される場所はあります

 それが、出版関係者が集まる同業者同士の交流飲み会なのだとか。

 「大手の出版社で働いている女性は、三文ライターなんて相手にしません。狙い目なのは、”ライター志望”や、”出版に興味がある女子大生”。世間知らずなので、値踏みされる心配もない。こんな雑誌で仕事してるよ、と有名雑誌を挙げとけばOK。あとは、就職の相談に乗る、いろいろ紹介すると言って飲みに誘い出します」

 行くのは大概下町の立ち飲み屋。

 「高くないけど味のある店に連れていって、『取材で行ったんだ』とか、『作家の○○さんもよく来るよ』などと付け加えるのがポイント。

 で、酒が回ってきたら徐々に口説きモードに。既婚者ということに相手が臆しても、『ライターになりたいなら、とにかくいろんな経験をしておくことが大事だよ』と押し切ります」

 随分と古典的な手口だが……。

 「だからこそ、その手で狙える相手に絞る。カネがないからHはいつもラブホですが、都築響一がラブホを撮りためた本の話をして『ラブホは日本の文化』と言い張ってます。仕方なくラブホ、ではなく、あえてのラブホなんだと(笑)

 相手は限られるが確度は高い!

【格言】
自分が評価される場所を探してそこだけで勝負

ウニの牛肉巻きは鉄板メニュー。
一見豪華だが、立ち飲み屋なので会計は2人で7000円程度


イラスト/森 宏
― なぜかモテる既婚者の秘密【2】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事