自動車メディア業界の“お祭りレース”に参戦!栄光のゴールを目指して【後編】

 去る9月1日、残暑厳しい筑波サーキットにて、自動車メディア業界にとって年に一度のお祭りレース“メディア4耐”が開催された。“メディア4耐”とは自動車専門誌やウェブ、テレビなどのメディアが4~5人でチームを組み、編集者やモータージャーナリスト自らがドライバーとして挑む4時間耐久レース。レースで使用できるガソリンは90リットル。全開で走り続けると4時間もたずにガス欠になるため、燃費と速さをいかに両立されるかがカギだ。そんな“メディア4耐”を好調な滑りだしながらも残り5分でエンジンが止まってしまった我がSPA!チーム、一体どうなる!? 【前編】はコチラ⇒https://nikkan-spa.jp/301296 ――好調ながらも、息絶えた。 MJ:残り5分、裏ストレートでガス欠症状が出ちゃったから、なんとかピットまでたどり着いて待機して、最後フィニッシュできないかなという甘い考えだったんだけど、ガス欠症状が出たら早いのね。ピットの入り口までは惰性で行ったんだけど、ピットレーン上でエンジンが止まっちゃった。セルで動くんじゃないかと思ったけど、ダメだった。 ――そしてついに禁断の……。 MJ:ここで止まるわけにはいかないという責任感を感じて押したんだよ。レースのルール(押したら失格)を知らなくて、ピットレーン上でも押してフィニッシュすればいいんじゃないかと。上り坂だから汗でびちょびちょのドロドロ。で、チェッカー振られたのを確認して感動のゴール! チームメートは誰も気づいてくんなかったけど、近くにいた人たちは拍手してくれたよ。 ――その最後の周回が4分30秒552。モニターに出たのをメモったんですけど、その数分後にSPA!の名前自体がモニターから消えた(笑)。 MJ:非情だよね。  記録には残らなかったけど、ドラマチックさでは大勝利!? ※レース結果はこちら⇒https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=307441 【おまけ】他チームのレースクイーンの皆さま!(自前はいません!)  撮影/流し撮り職人・池之平昌信 ― 栄光のゴール目指して【後編】 ―
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事