ライフ

うまい棒で寿司をつくってみた

 めんたい、チーズ、コーンポタージュなどのバリエーション豊かなフレーバーで子どもはもちろん、大人からも根強い人気を誇る「うまい棒」。1日の製造本数はなんと150万本にものぼるといいます。1979年の発売以来変わらぬ「1本10円」という安さも魅力。今回はそんな誰からも愛される国民的駄菓子の人気フレーバーベスト10と、うまい棒を使ったユニークレシピを紹介!  まろやかな味わいがやみつきになるコーンポタージュ味やチーズ味など、やはり誰もが食べたことがありそうな定番の味が上位を独占。記者自身も、幼少期に駄菓子屋で買って食べた味がたくさん並びました。中には発売から30年以上の長きに渡り愛され続けているフレーバーも。 1位:コーンポタージュ味 2位:チーズ味 3位:めんたい味 4位:やさいサラダ味 5位:たこ焼味 6位:チョコレート味 7位:テリヤキバーガー味 8位:サラミ味 9位:エビマヨネーズ味 10位:ピザ味  今回はその中から2位のチーズ味と9位のエビマヨネーズ味を使い、巻きずしとホットドックに挑戦! ●「アゲアゲうまい棒ロール」 (1)チーズ味とエビマヨネーズ味を縦半分にスライスする (2)穴の部分にカニカマをのせて合わせる (3)(2)を中心に、外側にご飯がくるようにのりで裏巻きにして、ゴマをまぶす ⇒【写真】「アゲアゲうまい棒ロール」
https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=402762
うまい棒●「うまい棒タコス風ホットドック」 (1)バターを塗ったパンにチーズ味かエビマヨネーズ味を、せん切りにしたレタスと一緒に挟む (2)ケチャップとマヨネーズを添える (3)お好みでうまい棒を縦にスライスし、複数の味を組み合わせるのもアリ ⇒【写真】「うまい棒タコス風ホットドック」
https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=402763
うまい棒 うまい棒を巻きずしやホットドックの具材にするということに対して、少なからず抵抗があるという方もいると思います。実を言うと記者もかなり強い覚悟を持って試食に挑戦したのですが、これがどちらも本当にうまかった! 完全にアリです。  まずは巻きずしの方ですが、カニカマ、ノリ、ゴマの風味にうまい棒が見事にマッチ。チーズの香りが絶妙のアクセントとなり、後味が抜群。試食前の予想は、良い意味で裏切られる結果となりました。おやつ感覚で食べられるおつまみとしてもオススメ。  続いてホットドック。こちらもうまい棒と、その他の具材が違和感なく調和。エビマヨネーズ味の風味とケチャップの相性が良く、クセになる味わいです。  試食をしてみて気づいたことは、うまい棒自体がコク深い味わいを持つ食材として成立していたということ。今回ランキング上位に入ったフレーバーに代表されるように、うまい棒の魅力はやはり、1本10円とは思えない風味と香りの良さにあるようです。  小銭を握りしめて駄菓子屋に通っていた小学生の頃以来、おそらく20年振りに自分でうまい棒を買って食べたわけですが、昔と何ら変わらぬ懐かしい味を確かめつつ、改めて日本の駄菓子の完成度の高さを思い知らされた記者なのでした。 ※ESSE web「話題のひとネタ」より http://esse.fusosha.co.jp/hitoneta/
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事