グラビア

【画像集】初夏のTシャツ美女が集結「Tシャツ・ラブ・サミット」

藤崎ルキノ,HEADGOONIE

藤崎ルキノ

 5月4日・5日の2日間、東京・科学技術館でオリジナルTシャツの直売イベント『Tシャツ・ラブ・サミット vol.21 “コネクト”』が開催された。会場には、個性溢れるTシャツブランド・個人クリエイターが全国から集まっており、初夏の暑さもあり、多くの来場客でにぎわっていた。また、Tシャツだけでなく、漫画家・イラストレーターによる似顔絵コーナーやご当地キャラも人気を集めた。

⇒【画像集】http://nikkan-spa.jp/434286/lovet_08

◆SONY信者 VS 任天堂信者対決

 特設ステージで開催されたイベントのなかでも、特に熱気と笑いに包まれたのは「ゲームキル」。コラムニスト・ジャンクハンター吉田率いるSONY信者チームと、漫画家・ピョコタン率いる任天堂信者がPCエンジンのレトロゲームで対決した。人気ご当地キャラのふなっしー(船橋市)や、女優の藤崎ルキノ、ゲームアイドルの杏野はるならも登場し、ゲームファンから子供連れまで集まりぎわっていた。

 イベント中には、先攻後攻をめぐって「いつもSONYは後追いなんだよ」など、ことあるごとに信者同士が煽り合うゲームネタに笑いが起きた。SONY側に入ったふなっしーも「ピーツ姫はさらわれすぎなっしー、危機管理がなってないっしー」と絶好調。対決では、『パワースポーツ』に始まり、最終戦は『ボンバーマン’94』の全5戦がおこなわれ、最終的に任天堂チームの勝利となった。

◆Tシャツ雑誌が創刊

 入口に入ってすぐ、行列ができていたブースはアパレルブランドの『HEADGOONIE』。『グーニーズ』や『バック・トゥー・ザ・フューチャー』などの映画をモチーフにしたTシャツをはじめ、90年代からオリジナルTシャツを長く扱ってきたブランドだ。

HEADGOONIE

『HEADGOONIE』ブース

 昨年末に出版レーベル『HEADGOONIE BOOKSTORE』をたちあげ、Tシャツの専門誌『HEADGOONIE T-SHIRTS MAGAZINE』を創刊、今回のイベントにて先行発売した。表紙には、前述の『ゲームキル』にも出演していた女優の藤崎ルキノを起用。ブースでもサインなどをおこなっていた。

◆「BRW108」から注目のAV女優が集結

 所属事務所の枠を超えたAV女優ユニット「BRW108」。AV業界誕生30周年の前年に立ち上げられたプロジェクトだ。

BRW108

BRW108

 近年では、ビデオ以外でもテレビ、海外イベント、ネット放送など、様々な場での活躍が目立つAV女優。同イベントへの参加も、今年で4年目とのこと。ブースでは、Tシャツ購入で2ショット撮影などができることもあり、常に人だかりができていた。

 個性的なブースで終日賑わっていた会場。次回開催は、7月13日・14日の2日間とのこと。今年の夏は個性的なTシャツで過ごしてみてはいかがだろうか。 <取材・文・撮影/林健太>




おすすめ記事