恋愛・結婚

エロ本はコンビニ販売停止で滅びるのか? 「さらば、エログラビア展」に賭ける思い

 1月下旬、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートというコンビニ大手3社が、2019年8月までに成人誌の販売を取り止めると発表した。この悲報からわずか10日後、早稲田医学文学前の交流サロン『あかね』ではじまった展覧会が注目を集めている。

 その名も、『さらば、エログラビア展』だ。

展覧会に飾られるのは4~5点のグラビアだが、誰でも見れる“ファイル”には秘蔵写真がビッシリだ

 会場にはコンビニ成人誌の代表だった『デラべっぴん』、『Bejean』などの鮮烈なヌードグラビアが飾られており、この展覧会を主催したフリーランスカメラマン・山本純氏が撮影したものだ。奇しくもコンビニ成人誌取り扱い中止と時期が重なっただけに、会場には“業界人”も多数押し寄せ、さながら故人を偲ぶ会のような様相を呈していた。エロ本は終わるのか――。山本氏に展覧会に賭ける思い、エロ本の未来について聞いた。

コンビニ成人誌の隆盛と衰退を経験した男が語る、エロ本の未来とは


 山本氏の経歴は、コンビニ成人誌の歴史と共にあったと言える。大学卒業後、『デラべっぴん』などコンビニ成人誌を数多く発行していた英知出版に編集者として入社。3年後にはぶんか社に転職し、グラビア班として当時の流行を迎えていたヘアヌード写真集を制作、さらに同社で独自のファッション性を重視したコンビニ成人誌『PENTHOUSE JAPAN』の制作にも携わったという。

「ヘアヌードブームの時は『刷れば金になる』と言われ、成人誌を取り扱う出版社はかなり潤っていました。その後の1990年代前半頃までは、“出会い系サイト”が多額の広告費を出してくれたので、コンビニ成人誌は予算をかけて素晴らしいヌードグラビアを作れていました。掲載写真に“物語“をしっかり盛り込み、読者の“妄想”を掻き立てるのがエログラビアの醍醐味。読み手にも好評で、実際に売り上げでも採算も取れていたんですよ」

 山本氏は、“成人誌バブル”で潤っていたカメラマンたちに憧れを抱き、ぶんか社を退職してフリーランスのカメラマンに転向。さまざまなコンビニ成人誌で一から経験を積み、グラビアも任されるようになっていった。しかし、山本氏がカメラマンとして独り立ちする頃には、コンビニという最大の“売り場“で変化が出始めるようになる。

「1990年代中盤はフリーカメラマン・編集者として『デラべっぴん』制作に戻っていました。ただ状況が変わり、購入者の年齢・地域がわかる『コンビニPOSデータ』も参考にした誌面作りが始まりました。あまりにも過激なものを作ったときには、営業担当者から『コンビニから忠告を受けました』と言われるように……。どんどん過激さは控えめになっていく。そしてインターネットも普及して“ネットで無料で見れる”ことに国民が慣れていってしまった。売り上げは伸び悩み、予算も減らされる……という悪循環。明らかに衰退していくのを実感していました」

次のページ 
露頭に迷う多くのカメラマンたち

1
2
■『さらば、エログラビア展』■
『交流バー あかね』にて、3月9日まで開催
最終日には「芳賀書店」芳賀英紀氏を招き、トークイベントも開催する
〒162-0051 東京都 新宿区西早稲田2-1-17 酒井ビル1F
営業時間19時~深夜





おすすめ記事