エンタメ

元AV女優漫画家・峰なゆか、目標は「専業主婦」

『恋のから騒ぎ』の元メンバーとしてAVに電撃出演、一躍話題になったのが’05年。そんな彼女がいまや売れっ子の漫画家に! 峰なゆかはこれまで一体、どんな人生を歩んできたのだろうか。その軌跡を本人の証言とともに辿ってみた――

⇒【前編】漫画少女からヤリマンに。峰なゆかの過去を繙く
http://nikkan-spa.jp/444366


◆【後編】ヤリマン界のトップに立ってみたかった

峰なゆか

峰なゆか

“ヤリマン活動”として、DJやバンドマン、バー経営者など、イケてる肩書の男たちと関係を持ち続けたとう峰なゆか氏。

「でも、男の人とセックスはできても、話すのは相変わらず苦手で。それで高校卒業後に、会話の訓練もかねてキャバクラで働いてみたら、そこのお客さんに芸能事務所の人がいて、『1万円あげるから「恋のから騒ぎ」の面接を受けて』と頼まれたんです。私は“中学時代に温泉で目の粘膜にクラミジアが感染して、クラスで『顔射』というアダ名をつけられた”話などを披露したら、結構ウケて。受かる気なかったんですけど、他のコたちの話がつまらなかったせいもあって、出演が決まりました」

 そして、峰氏は『恋のから騒ぎ』出演後、衝撃のAVデビューを果たす。「『恋から』からAV女優が!」と話題になったが、なぜAV業界に足を踏み入れたのか。

「どうせだったらヤリマン界のヒエラルキーの頂点を極めたかったんです。でも、入ってみたら、40分アドリブで隠語を叫び続けるようなナチュラルなヤリマンばかり。そこで『私は奔放な性生活に向いていないんだ』と気づきましたね」

 そして、峰氏はAVを引退し、『アラサーちゃん』を生み出すことになる。「漫画家にもなれたし、憧れの『VOGUE』にも出られたし、死んでもいい理由が増えた」と語る峰氏。次なる目標は?

「専業主婦。自分の将来が不安すぎて……。私、性根がクズすぎるんで、働くのに本当に向いていないんですよ。誰かそんな私を許容してくれる、腰の低い男性がいないかなっていつも思ってます」

【赤裸々告白! 峰なゆかのヒ・ミ・ツ】

Q.一日の平均睡眠時間はどれくらい?⇒10時間

Q.AV出演本数は何本?⇒50本くらい

Q.好きな体位は何?⇒立ちバック(奥まで当たるので)

Q.初体験は何歳?⇒15歳、地元の適当なヤンキーと

Q.犬派?猫派?⇒猫派。プッシーさんという白猫を飼ってます

Q.男性経験人数は?(AV除く)⇒40人くらい

Q.S?M?⇒わがままMです

Q.出演したAVの中でお気に入り3本は?⇒『美しすぎるレズビアンマ○コがマ○コに恋をする理由』『エロスの地獄』『AVない若妻』

Q.特技は何?⇒マインスイーパー

Q.一番好きな映画は何?⇒『ブギーナイツ』

Q.性感帯はどこ?⇒眼球と踵以外

Q.男性とお付き合いした人数は?⇒10人くらい

Q.一番好きな漫画は何?⇒『シャーマンキング』

Q.お風呂に入ったらまずどこから洗う?⇒顔

Q.お寿司のネタで一番好きなのは?⇒イカ

Q.趣味は何?⇒手芸

Q.生まれ変わったら何になる?⇒生まれ変わりたくない

― エロすぎる漫画家[峰なゆか]を丸裸にした!【2】 ―

アラサーちゃん 無修正1

女の業が丸裸!




おすすめ記事