恋愛・結婚

“エロい女の歴史”を見つめてきた漫画『だめんず・うぉ~か~』と『アラサーちゃん』の舞台裏を初公開――倉田真由美×峰なゆか対談

 時代を象徴する「エロい女」を特集し続けてきて29年。あの手この手で「エロい女」の変遷をつまびらかにしてきた週刊SPA!だが、「エロい女」をとりあげた漫画連載も数多くあった。というわけで今回、『だめんず・うぉ~か~』(2000年~2013年に連載)の倉田真由美氏と『アラサーちゃん』(2011年から連載)の峰なゆか氏による初対談を実施。お互いの作品を振り返りながら、「エロい女性」をテーマに語ってもらった。

倉田真由美×峰なゆか対談

左より峰なゆか氏、倉田真由美氏

倉田:’00年初頭の『だめんず』の連載開始の頃って、出会い系サイトというものは全然主流じゃなくて。でも、連載のネタのためにダイヤルQ2とか……知ってる?

峰:電話してましたね。

倉田:本当?(笑)

峰:東京の人に「アルタ前で待ち合わせしよう」とか言って、みんなでキャーキャー言って。

倉田:ほんとに行ったの?

峰:行かないです。岐阜に住んでたし(笑)。

倉田:当時はまだネットの黎明期で、インターネットをやっている女のコはすごく少なくて。オフ会を取材してみたら、女子の取り合いで、意外にエロい現場になっていたりして。同時にまだバブルの残り香を知っている人もいて、エロの面でも混沌とした面白い時代だったな。

峰:あの時代、エロめの服を着ていた女性って、フェラチオとかしてたのかなって。どうですか?

倉田:一部の人だけじゃないかな。ネットがなかったら、なかなか知る機会もないからね。私も20歳の頃は男の人はアレをこすると気持ちいいらしいっていうのは知ってたけど、ただ撫でるのかと(笑)。

峰:私も男性の皮が剥けるっていうのは、(花のように)パ~ッと開くのかと思っていました(笑)。

倉田:でも今は処女でも知ってる。そういう面では、最近のコのほうが知識は豊富。でも、実際のところはエロさはどうなのかな?

峰:私が’05年にAVデビューした頃は、女優になるコでもマグロが本当に多くて。今はマグロのコなんて全然いないんですよ。

倉田:それはみんな最初から知ってるっていうことか。

峰:そうです、そうです。ちゃんと情報を得てきているから。昔は完全にマグロのコって、もっと多かったんじゃないかなって。普通のコたちがエロいことを身に着けたのは最近かもしれませんね。

次のページ 
今の若者は、エロい写真を撮るハードルも低い?

1
2
アラサーちゃん 無修正 5

結婚、妊娠、出産、仕事…選んだものと選べなかったもの。悩めるアラサー女子の明日はどっちだ!?幸せの意味を問い直す惑乱の第5巻!




おすすめ記事