バーチャルアイドル界は戦国時代に突入

◆各社続々参入!生き残るのは誰だ!?

日本を飛び出し、世界の舞台で輝き始めた歌姫・初音ミクに続けと、バーチャルアイドル界は各社が参入し戦国時代に突入している。その多くは、初音ミクと同じくボーカロイド出身。見た目だけでなく、声質や歌のうまさも人気に関わってくるというから大変だ。滑らかな発声で、歌唱力は初音ミク以上と評判の高いGUMI、エイベックス系という強力なバックを持つLily、外見に似合わず演歌を歌わせると天下一品の猫村いろは……。中でもジワジワと人気を上げているのが、企業の仕掛けではなく、エイプリルフールの冗談からネットで生まれた、究極のボトムアップ型アイドル・重音テト。

 スレッドの意見をキャラクターデザインとしてまとめた線氏は「性格の基本設定はツンデレですが、細かい仕草や言葉遣いなどはテトを動かす人によってさまざまです。たくさんの偶然と、いろんな人の協力があって重音テトが生きています。そのドラマが、人を惹きつけるのかもしれません」と分析する。外見以上にドラマ性が重要というのは、現実のアイドルと同じだろう。

 果たして、大混戦のレースから抜け出し、初音ミクと肩を並べるのは誰か? 握手もできず、実際には会えないアイドルたちの奮闘は、今後も続きそうだ。

【Lily】
株式会社インターネットのイメージキャラクター。エイベックス所属の音楽グループ「m.o.v.e」のボーカルyuriの声がベース。ボーカロイド界へのエイベックスの参入が話題となった
Lily

【GUMI】
株式会社インターネットのソフトウェア「メグッポイド」のイメージキャラ。声優・歌手の中島愛の声がベース。人間味のある声質で、ファンが多い。デザインはマンガ家のゆうきまさみ
GUMI

【歌愛ユキ】
小学生ならではの愛らしい声を生かした「ボカロ小学生」。実際の小学生の声を使用した歌声は、ピュアであどけない。年齢は9歳で身長は「大きなリンゴ10こ」分。ソフトの発売元はAHS
歌愛ユキ

【猫村いろは】
サンリオウェーブのコンテンツである超キティラー系キャラをAHSがボーカロイド化。意外にも力強い低音が得意で、ファンから「姐さん」と慕われる。演歌をカバーした動画が人気
猫村いろは

【重音テト】
08年のエイプリルフールネタとして2ちゃんねるで生まれた架空のパロディキャラだったが、有志がフリー音声合成ソフト「UTAU」を利用して歌声を獲得した。ツンデレ
重音テト

ヤマハが9月末に発売する「VOCALOID3」に参入を発表した、サーファーズパラダイスとスタジオディーンの新キャラ。今のところ名前も未発表の新人アイドル
新キャラ


HELLO KITTY:著作 株式会社サンリオ (C)1976、2010SANRIO CO.,LTD.TOKYO, JAPAN(W)
イラスト:okama (C)2009.2010 SANRIOWAVE CO.,LTD(L)

◇GUMI (C)ゆうきまさみ (C)INTERNET Co., Ltd. ◇Lily Character Design KEI (C)2009 AVEX MANAGEMENT INC. Distributed by INTERNET Co.,Ltd. Copyrights (C)2005-2011 AHS Co. Ltd. All rights reserved. (C)2010 TWINDRILL All rights reserved

取材・文/柚木安津

― 最先端[日の丸二次元アイドル]大図鑑【2】 ―

VOCALOID2 Lily

インターネット社製 ボーカロイド リリィ




おすすめ記事