デジタル

中高時代はゲームに興味がなかった 『初音ミク -Project DIVA- f』プロデューサーが語る

ゲーム業界のキーパーソンが登場! 【 トップクリエイターの仕事場】

◆【前編】 「セガ入社」

初音ミク -Project DIVA- f『初音ミク -Project DIVA- f 』のプロデューサーの林です。トップクリエイターとは恐縮してしまいますね。普通の人代表で頑張ります(笑)。

 僕が、初めて自分でゲーム機を買ったのは、ちょっと遅くて大学生の頃。ゲームウォッチやファミコンブームを横目にしつつ、中高生時代はなぜか「興味ないよ」っていうふりをしてました(笑)。その代わり、小説やマンガ、アニメにのめり込んでましたね。

 就職も、実はおもちゃ業界に行きたいと思っていました。その候補の中におもちゃメーカーという顔もあったセガも入っていたんです。だから、セガのゲームのことはほとんど知らなかった。セガを受けに行ったとき、ゲームのBGMが流れて、「皆さんは当然この音楽はご存じだと思うんですけど」と社員の人が枕で言ったんですけど、僕は聞いたこともなかった(笑)。慌ててゲームセンターに行きました。いい加減な就職活動の実態が、今バレてしまいましたね。

 セガに入社してからは、セガのハードに参入したソフトメーカーの会社の対応を長く担当しました。そのときにたくさんのタイトルに関われたのが、今でも僕の財産になっています。こちら側の評価が高くても、実際には売れなかったソフトもある。その理由をユーザー側に立って考えるのが、すごく勉強になりました。

 今は、プロデューサーという立場ですが、やはり、ユーザー目線は大事にしています。それからもうひとつ、こだわっているのが「言語化」。キャッチフレーズやシステム名がすっと言葉になるか。それができないならどこか軸がぶれている。他人に伝えるためにも、客観的な物差しを作るという意味でも言語化は重要です。

【後編】に続く⇒http://nikkan-spa.jp/282950
「初めてミクを見たとき、マクロスに出てくるあれだ!と思った」


【林 誠司氏】
セガ所属。『Project DIVA』シリーズの立ち上げから関わる。第一作では、ディレクターを担当し、本作では、クリエイティブプロデューサーを担当

初音ミク -Project DIVA- f

発売にあたり、さまざまなイベントを開催!詳しくはHPから!(http://miku.sega.jp/f/)

(C)SEGA/(C)Crypton Future Media, Inc. www.crypton.net
記載の商品名および社名は各社の登録商標です。

初音ミク -Project DIVA- f

いつでもどこでも初音ミクに会える




おすすめ記事