恋愛・結婚

[独身貴族座談会]それでも僕らが独身を選ぶ理由とは?

独身貴族という生き方は本当に悠々自適なのか。等身大の独身男性の理想とリアルライフに迫る。今回はアラサーの独身男性に本音を語ってもらった。座談会に参加したのは下記の3人。

●大木 崇氏(仮名)
東京都出身の37歳。30歳くらいまでは世界中を旅して見聞を広め、最近起業したばかり。自分の生き方を理解してくれる女性を募集中

●鈴木伸樹氏(仮名)
沖縄県出身の35歳。俳優・アーティストの卵として活動しつつ、派遣社員としても働いている。生涯独身の覚悟も決めている

●新垣祐輔氏(仮名)
沖縄県出身の36歳。大手企業に勤めるごく普通のサラリーマン。結婚願望はあるものの、出会いに恵まれず独身貴族を謳歌中

独身貴族<アラサー独身男のリアルな結婚観>

大木:独身貴族なんて言うととても幸せそうに聞こえるけど、実際はどう?

鈴木:まあ、気楽なのは事実だと思いますね。休みの日に男同士で富士山に登りに行くとか、結婚してるとなかなかできないと思う。

大木:仕事とかでもそうだよね。俺は1年かけて世界中を旅して回ったこともあったし、会社をつくってやりたいことをやっている。独身だから自由にできる面もある。

新垣:毎日違う女のコと食事をしたり、遊びに行ったり。気兼ねなくそういうことができるのも、独身の特権。結婚している同世代の人の話を聞いていても、大変そうだなと感じることも多いし(笑)。

鈴木:でも、だからと言って絶対に結婚したくないわけじゃない。みんなもそうでしょ?

大木:自分の生き方をすべて認めてくれる女性と出会うことができるなら、結婚したいですよ、正直。

新垣:「結婚願望がない」と言っても、みんな本音は違うんじゃないかな。

鈴木:「理想的な女性がいたら結婚するかも」という人は半数以上いるしね。それに、現実的に年いってからのこと考えるとずっと独身というのは……。

大木:あと怪我とか病気ね。先日、家で揚げ物をしているときに火傷をして手が水膨れになっちゃって、頭も自分で洗えなくて。そのときは、嫁がいたらな~って真剣に思ったな(笑)。

新垣:今まで結婚しようと思える人はいなかった?

大木:旅に出る前に、向こうから「帰ってくるまで待ってるから」って言われて付き合った人がいたんです。結婚も考えていたのに、結局俺がアフリカにいるときに手紙が来て、「世界じゃなくて私を見てほしかった」って言われてフラれて終わり。

鈴木:大木さんの言っていることはよくわかるよ。僕もアーティスト活動をしながら派遣社員として働いている。自分のやりたいことを女性になかなか理解してもらえないんだよね。

新垣:僕はすごく結婚したい。たまたま今までそういうタイミングがなかっただけで。

大木:かといって妥協はしたくないでしょ?

新垣:もちろん。いまさら焦って妥協することだけはしたくない。自分を理解してくれて、美人でかわいくて、家庭的で料理もうまくて、そして共働きでもOKで……。

鈴木:確かに、年を取るにつれて求めるレベルが高くなるよね。

新垣:ここで妥協したら何のために今まで独身を貫いてきたのかわからないから(笑)。だから、最近は女性と知り合ったら、「この人と結婚したらどうなるだろう」なんてことを想像するよね。

鈴木:それで、やっぱり駄目だ、となって独身貴族生活が続く(笑)。

大木:理想が高くなるのは俺も一緒なんだけど、そのせいで最近、年下が好きになってきてて……。

新垣:なんで?

大木:同世代の理想的な女性って、おそらくほとんど結婚しているでしょ。まだ独身の女性にはそれなりに理由があるわけで。でも、20代前半とかならば、自分の条件を満たしている独身女性が必ずいるはずだ、と。

鈴木:なるほどね。僕の場合は逆だな。年上に魅力を感じるようになった。売れ残りという面もあるかもしれないけれど、逆に考えれば30歳を超えて独身の女性って、自立しているってことじゃない。だから、お互いの人生を尊重し合えるんじゃないかって。

新垣:理想が高くなるぶん、結婚が遠ざかるという恐怖もある。正直、焦ってますよ。なんとか5年以内に、と。でも妥協もしたくない。どうすればいいんだ(笑)。

鈴木:僕は生涯独身の覚悟があります。だから、生命保険にも入ったし、老後を考えて資産運用もやってる。今までできなかったのに、これから結婚できるとは限らないからね。

大木:それはすごい。俺も独身を貫く覚悟はあるけど、出会いを求めることはやめないよ。そして、自分が理想の男にならなければ、理想の女性には出会えないと思う。だからまずは自分を磨いて、出会いを積極的に求めていきたい。理想のコがいそうな市場を広げていったりね。

新垣:そうだね。そして、それがいつまでもできるのが、独身貴族の特権なんじゃないかな。

鈴木:結婚したらいろんな女性と出会って遊んで、というわけにはいかないからね(笑)。

― 実録[独身貴族]の理想と現実【3】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事