恋愛・結婚

合コン前に「年収はおいくら?」 婚活に励むお金大好き女たち

出会いがない! イイ人がいない!と婚活を続けるアラフォー、アラサーの独身女たち。相手の経済力を気にするのは仕方ないが、少々度が過ぎる発言も。そんな、お金大好き女たちの迷言集をご紹介しよう。

お金大好き女◆年収はおいくらですか?
(32歳・女性・派遣受付嬢)

「合コンで、じゃあ乾杯!って言おうとしたら、冷静な顔で『その前に、皆さんの年収っていくらですか?』って言われて、全員無言になりました」。男性陣がシラけたのはもちろんのこと。1時間ほどで終了したという


◆もう、誰でもいいから紹介して!この際年収600万円でも許すから
(36歳・女性・プログラマー)

「IT企業にて長時間低賃金でこき使われている友人は『仕事辞めて永久就職したい』が口癖。大学時代の同期との飲み会でで酔っぱらったあげく大絶叫。誰でもよくないじゃん!ってツッコミ入れられてました」


◆私と子供の生活を維持して、たまに海外旅行に行ったり買い物したり、そういうことがフツーにできるにはいくら必要なのか計算したら、最低でも旦那の年収は1200万円くらい必要ってことがわかったの!
(33歳・女性・医療事務)

「ウチに遊びに来て食事をしてたら真顔で言われて、旦那と二人で顔が引きつりました」とは発言主の友人。この発言のおかげで、旦那様は横でしょんぼりしてしまったという


◆年収1000万円以下の男は飲み会に来てほしくない
(30歳・女性・エステティシャン)

本誌記者が飲み会で言われた強烈なお言葉。「最初はシャレで言ってると思ったから、こっちもシャレで『1000万円なくてすいません!』って土下座したんだけど、マジだったみたいでムッとしてたよ」

◆今の年収が700万円で、将来的にその人の年収が1000万円を超えたとしても、今の年収が1000万円ないなら信用できない
(35歳・女性・元スチュワーデス)

「元スッチーの友人は、バツイチで子持ちのくせに理想が高すぎて、友人たちからいつも失笑されてます」。そんな彼女の口癖は「男の年収は女性への誠意」だとか。そんな誠意ってあるのか?

イラスト/石井匤人

― 結婚できない[男と女]の迷言に唖然【4】 ―




おすすめ記事