“スター誕生”バックランドのスマイル――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第25回

「フミ斎藤のプロレス講座別冊」月~金更新 WWEヒストリー第25回


 その日、“スーパースター”ビリー・グラハムは左足を大げさにひきずりながらマディソン・スクウェア・ガーデンのドレッシングルームに現れた。グラハムは神妙な顔つきで「スペクトラムでヒザをケガしてしまった」とビンス・マクマホン・シニアに伝えた(1978年2月20日)。

“スター誕生”バックランドのスマイル

ボブ・バックランドのニックネームは“エブリワンズ・オール・アメリカン・ボーイ”だった。バックランドのすぐよこにはジミー・カーター大統領(当時)がミスター・レスリングⅡにヘッドロックをかけているめずらしい写真がレイアウトされている。カーター大統領のお母さんが大のプロレスファンで、地元アトランタではたびたび試合会場に顔をみせていたという。(写真はマディソン・スクウェア・ガーデン会場売りプログラム表紙=1978年2月20日号)

 スペクトラムでの試合とは、2日前にペンシルベニア州フィラデルフィアのザ・スペクトラムでおこなわれたブルーノ・サンマルチノとのケージ・マッチ(エスケープ方式)のことだった。

 “ロードショー公開中”のグラハムとサンマルチノの定番カードは、東海岸エリアの各都市でコンスタントに1万人クラスの大観衆を動員していた。

 フィラデルフィアでは前年9月に因縁マッチの第1ラウンドがおこなわれ、グラハムが出血多量でTKO負け(タイトルマッチ・ルールで王座移動なし)。第2ラウンド(1977年12月10日)もグラハムがカウントアウト負けを喫したが、この試合もタイトルマッチ・ルールでグラハムがまんまとWWEヘビー級王座をキープした。

 完全決着戦としてラインナップされたケージ・マッチはスペクトラムを完全ソールドアウトにし、この日、フィラデルフィアの地元テレビ局の夜のニュース番組は「チケットを買えず入場できなかったファンがアリーナの外に8000人」と報じた。グラハムとサンマルチノの因縁ドラマは文字どおりの“ドル箱カード”だった。

 試合は、序盤戦からサンマルチノが攻めつづけ、グラハムは試合開始から5分経過の時点で金網に額を打ちつけられてまたしても大流血。コーナー・サイドでサンマルチノがマシンガン・キックを打ちまくると、グラハムはケージのドアからすべり落ちるように場外へ転落。ここで試合終了のゴングが鳴った。グラハムの“エスケープ成功”がコールされ、サンマルチノは「しまった」という表情を浮かべた。

 この試合でグラハムがほんとうにヒザを負傷したかどうかはいまとなってはわからないし、歴史的な“いきさつ”としてはそれほど重要ではない。グラハムがビンス・シニアに「ヒザをケガした。きょうは試合はできないかもしれない」と話したというエピソードだけが“伝説の会話”として語りつがれている。おそらく、グラハムがダダをこねたことは事実なのだろう。

 ビンス・シニアはグラハムに「タイトルマッチは予定どおりおこなう」とだけ返答し、側近のゴリラ・モンスーンにグラハムの左ヒザをテーピングでぐるぐる巻きにするよう指示したとされる。

 それから、ビンス・シニアはベビーフェース・サイドのドレッシングルームに向かい、そこでボブ・バックランドに「試合がはじまったら、まずグラハムのヒザを攻めろ」と伝えたという。大ボスはグラハムからの“経過報告”をまったく信じなかった。

 グラハムはこの日、まるでベビーフェースのような純白のロングタイツをはいてリングに上がってきた。バックランドのコスチュームは無地の黒のショートタイツに黒のリングシューズというシンプルなものだった。色そのもののイメージとしては、たしかに白が正統派で、黒が悪役である。グラハムにとってはギリギリの自己主張だった。

 “エブリワンズ・オール・アメリカン・ボーイ=みんなのアメリカ少年”バックランドは、グラハムをアトミックドロップの体勢に抱えあげるとコーナーからコーナーまでの対角線をいっきに走り抜け、グラハムの尾てい骨をみずからのヒザにたたきつけた。

 バックランドがカバーに入ると、グラハムはカウント3のタイミングと同時に右足をサードロープに乗せた。しかし、レフェリーはすでに3回、キャンバスをたたいていた。ロープに両足を乗せての“反則エビ固め”でサンマルチノから疑惑のフォールを奪ってチャンピオンになったグラハムが、こんどはロープに泣いた。アメリカ英語ではこういう結末をポエティック・ジャスティス(誌的正義、因果応報)と呼ぶ。

 “スター誕生”の瞬間だった。ガーデンに集まった2万人の大観衆は、新チャンピオンのバックランドに納得の拍手を送った。(つづく)

斎藤文彦

斎藤文彦

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦 イラスト/おはつ

※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス講座」と書いたうえで、お送りください。

この特集の記事一覧

“8月”が断然お得!最強コンボで激アツなスマホ節約術

“8月”が断然お得!最強コンボで激アツなスマホ節約術
sponsored
提供元:NTTコミュニケーションズ  心もカラダも解放的になる夏――。とはいえ海、花火、フェス、キャンプ、BBQと満載の夏の予定とは裏腹に、さみしくな…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(16)
メンズファッションバイヤーMB
GUの590円スカーフは1万円の高級品に見劣りしない! プロの目も欺く開発力がスゴい
山田ゴメス
東京・西葛西に「リトルインド街」が誕生?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード07=リック・ルードの証言――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第160回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
大川弘一の「俺から目線」
死ぬことが決まっている沼――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中