バックランドとグラハムがついに接触――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第24回

「フミ斎藤のプロレス講座別冊」月~金更新 WWEヒストリー第24回


 それはまさに“大作”の予告編だった。ボブ・バックランドと“スーパースター”ビリー・グラハムがニューヨークのリングでようやく接触したのは、1978年1月23日のマディソン・スクウェア・ガーデン定期戦だった。

バックランドとグラハムがついに接触

バックランドとグラハムが初めて接触したのは、グラハム対ミル・マスカラスのWWEタイトルマッチがおこなわれたガーデン定期戦だった(1978年1月23日)。マスカラスのセコンドについたバックランドは、グラハムと番外戦の乱闘を展開。(写真は米専門誌「レスリング・ワールド」1978年8月号表紙)

 この日のメインイベントは、グラハム対ミル・マスカラスのヘビー級タイトルマッチ。前年12月のガーデン定期戦の同一カードではグラハムの出血多量でマスカラスがレフェリーストップ勝ちを収め(タイトルマッチ・ルールで王座移動なし)、この試合は因縁ドラマの第2幕になっていた。

 ニューヨークのプロレスファンにとってマスカラスは特別な存在といっていい。いまになってみれば信じられないようなエピソードだが、ニューヨーク州体育協会は70年代前半までニューヨーク州内での“正体不明”のマスクマンの試合出場を禁止していた。このいささか現実ばなれした州条例のカベを壊し、マスクマンとして初めてガーデンのリングに立ったのがこのマスカラスだった(1972年12月18日)。

 長く西海岸エリアをホームリングにしていたマスカラスは、ニューヨーク・ニューヨークでは“スペイン語チャンネルのスター”でもあった。電波の弱いUHF局が平日の深夜にオンエアしていたロサンゼルスのオリンピック・オーデトリアムからのプロレス中継番組は、ニューヨーカーにとっては遠い土地の遠いプロレスだった。

 WWEの対抗勢力として1975年春にニューヨークで発足し、わずか半年で活動休止=消滅した新興団体IWA(インターナショナル・レスリング・ソシエーション=エディ・アイホーン派)の世界チャンピオンがこのマスカラスだったこともニューヨーカーのイマジネーションをくすぐった。

 グラハム対マスカラスのタイトルマッチの2試合まえの第7試合には、バックランド&ピーター・メイビア&トニー・ガレア&ラリー・ズビスコ対“プロフェッサー”トール・タナカ&ミスター・フジ&スタン・スタージャック&バロン・マイケル・シクルナの8人イリミネーション・タッグマッチがラインナップされていた。

 “予告編”はここからはじまった。バックランドがいちども試合に参加するまえに、ベビーフェース・サイドの3選手が敗退(退場)した。バックランド対ヒール・サイドの1対4のシチュエーションになった。元気いっぱいでリングインしたバックランドは、まるでワンマンショーのように得意技のアトミックドロップの連発であっというまにベテラン・ヒール4人からたてつづけにフォール勝ちを奪った。新しいスーパースターの出現を予感させる象徴的なシーンだった。

 セミファイナルでは、藤波辰爾(当時・辰巳)がカルロス・ホセ・エストラーダをドラゴン・スープレックス・ホールドで下しWWEジュニアヘビー級王座を獲得した。この試合もまた世代交代のうねりのなかのひとつの“伏線”だったといっていいかもしれない。

 メインのグラハム対マスカラスのタイトルマッチは、予想どおりの大乱戦モードになった。グラハムが両足をロープにかけてのお得意の“反則エビ固め”で再三、フォールを狙った。試合開始から10分経過の時点で、バックランドがマスカラスのセコンドとしてリングサイドにやって来た。

 バックランドはグラハムの足をセカンドロープから払いのけ、反則フォールを“未遂”に防いだ。グラハムとバックランドの乱闘がはじまった。レフェリーは、バックランドの乱入を理由にマスカラスの反則負けをコールした。グラハムはベルトをつかみ、さっさとドレッシングルームに逃げ帰った。

 試合終了後、リング・アナウンサーのハワード・フィンケルが次回ガーデン定期戦(1978年2月20日)のメインイベトとしてアナウンスした試合は、グラハム対マスカラスの因縁マッチ第3ラウンド=完全決着戦ではなくて、グラハム対バックランドのタイトルマッチだった。

 ガーデンを埋め尽くした2万人の大観衆はこの瞬間、“スター誕生”を確信した――。(つづく)

斎藤文彦

斎藤文彦

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦 イラスト/おはつ

※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス講座」と書いたうえで、お送りください。

この特集の記事一覧

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中