V6・井ノ原の鍛えられたトーク力「小さい頃から1万人を前に経験を積んできた」

 ジャニーズといえば、幅広い世代にわたって女性ファンからの黄色い声援を集める男性アイドルのトップ集団。そんな彼らに、近年ジワジワと男性ファンも増えているという。男女の垣根を越えてファンを魅了するその理由を解明するため、ジャニーズ屈指の“愛されキャラ”の呼び声が高いV6の井ノ原快彦氏に話を聞いた。

V6 Official Website

V6 Official Websiteより http://avex.jp/v6/

 イノッチの愛称で親しまれる彼は、V6での活動以外にも情報番組『あさイチ』の司会として、今やNHKの朝の顔。ゲストを生かし、周囲を気遣う司会ぶりは男女問わず各方面から評価が高い。

「その場で起きることに対応しているだけで、あまりどうしようと意識したことはないです。司会のスキルで僕よりすごい人はたくさんいるし、そういう人たちを研究したこともあったけど、とてもかなわないなと思ってやめちゃいました。自分ができることしかしてないですよ」

 しかし、『あさイチ』の時事問題を取り上げた特集では、共演する女性アナウンサーの年齢や未婚をいじって笑いを取る番組の流れに苦言を呈し、視聴者に絶賛された。こうしたフラットな感覚はなかなか持てるものではない。

「それが普通だと思いますけど。そんなことをすごいと言われて、逆に日本は大丈夫かなって思っちゃう。(その女性アナウンサーは)そういういじりを上手にかわすことで男社会の中を勝ち抜いてきたんだろうけど、そんなスキルを磨かなきゃいけないこと自体がおかしいなと思ってました」

 ライブの観客や、V6のメンバーとの関係も、“自分がどう思うか”という主観ではなく、“相手がどう思うか”を確認し合うことを大事にしてきたという。

「番組の意図やスタジオの空気もあるから難しいけど、これやったら傷つく人がいるんじゃないか、おかしい流れになってないかっていうアンテナは常に張っているかも。僕が生まれ育った団地にもジャニーズにも、本当にいろんな家庭環境の人たちがいたから、『これは僕だから大丈夫なんだ』『あの人だったら嫌かな』っていうのは、よくシミュレーションしますね」

 場の空気を察知して対応したり、相手の気持ちに敏感でいられるのは、ファンの理想や欲求を受け止めるアイドルの職業柄もあるのだろうか。

「確かに、人に対する礼儀やトーク力、場の空気の掴み方は、小さい頃から鍛えられましたよね。デビュー前から、先輩のステージで1万人のお客さんを前にMCする経験を積むと、1万人が熱狂に包まれる瞬間や、逆に空気が一瞬で凍りつく瞬間を肌で味わいますから。でも結局、アイドルって人が喜ぶのが好きだからやってるんですよ。嫌なことがあっても、『みんな喜んでるみたいだよ』って言われたら『じゃあやろうか!』ってなる、そういう人種なんですね」

※このインタビューは、週刊SPA!3/1号『V6井ノ原快彦が語る[男のための]ジャニーズ入門』から一部抜粋したものです

<取材・文/福田フクスケ>

週刊SPA!3/1号(2/23発売)

表紙の人/ 菜々緒

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】
 最強の恐竜とは何か?と聞かれれば、誰もが思い浮かべるのがティラノサウルスだ。映画やアニメなどでおなじみの肉食恐竜だが、ティラノサウルスがなぜ最強なの…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中