東大女子のAKB48コピーグループ『KMB48』は推せる!【画像】

 AKB48のコピーユニット『KMB48』が、5月19、20日に開催された東京大学の学園祭『五月祭』で、1時間にわたるパフォーマンスを披露した。KMB48は、2011年の駒場祭で東京大学の1年生によって結成され、今年も結成メンバーに1年生数名を加えた、正真正銘の「東大生」16人のグループだ。しかも、教養学部の6つの科類(文科一類、理科三類など)すべての学生がいるという。天下の東京大学のアイドルユニットと聞いて、見過ごすわけにはいかない! 取材班は20日に安田講堂前のステージで行われたパフォーマンスを最前線で取材した。KMB48の実力とは? ステージの写真とともに紹介する。推しメン(応援したいメンバー)を探しながら見てほしい。

KMB48,五月祭,安田講堂前ステージ

KMB48は、安田講堂前ステージで1時間のパフォーマンスを行った

⇒【画像集】KMB48の推しメンを探せ!
http://nikkan-spa.jp/216094/kmb48_00

 本郷キャンパスのシンボル「安田講堂」前のステージに勢いよく登場し、1曲目は『会いたかった』を披露。ステージの左右に駆け寄って手を振るお馴染みのパフォーマンスでは、本家顔負けのスマイルで筆者の目の前に急接近! 振りは分かっていたはずなのに、これにはテンション上昇。手を振り返したい気持ちをおさえてシャッターを連射した。

KMB48「会いたかった」

KMB48「会いたかった」

 最前列にいた観客のテンションも高かった。サイリウムを振りながら、メンバーの振りに合わせて、一帯感のあるお決まりの盛り上がりをみせていた。一点だけ気になったのは、振っていたペンライトがNMB48のグッズであったこと。また、観客には東大生も多かったが、メンバーの保護者と思われる上品な観客の姿も。にこやかに笑いながらステージを見つめていたのが印象的であった。

⇒【拡大画像】http://nikkan-spa.jp/216094/kmb48_03

◆人気曲を連発! 細部まで見事なコピーに大声援

 その後披露された楽曲は、『ポニーテールとシュシュ』、『オーマイガー』、『ヘビーローテーション』、『大声ダイヤモンド』、『フライングゲット』、『完璧ぐ~のね』、『君の事が好きだから』と、どれも盛り上がる人気曲ばかり。ラストは、メンバーによるバンド生演奏の『GIVE ME FIVE』。晴天下での激しいダンスの連続でエネルギー切れを心配していが、最後まで笑顔を絶やさず、ライブは大声援に包まれて終了した。

『GIVE ME FIVE』の演奏については、楽器未経験者も多いなかの挑戦。ギター初心者のメンバーは2月から練習を重ねたという。スタジオ練習の成果が本番に出せ、ステージ後には「今日はうまくいったよね」とメンバー同士が笑い合いながらコメントしてくれた。

⇒【拡大画像】http://nikkan-spa.jp/216094/kmb48_09

◆ なぜAKB48のコピーユニット?

 大成功のステージ後、KMB48の代表・五味美由佳さんに話を聞くと、「小さいころからアイドルが好きで、2日間だけでも大好きAKBみたいなことを皆でできたらと思っていました。しかし、高校時代は勉強ばかりでそんな暇はありませんでした。東大合格という夢を叶えたあと、もう一つの夢を叶えたい!という想いでグループを結成しました」とコメント。ステージ上でも「安田講堂前でこんなステージができて……」と涙ぐむ姿が印象的だった。

 他のメンバーの加入理由は、「ダンスには興味あったのですが、ストリート系のダンスサークルしかなくて、アイドルみたいな元気系のサークルを探していました」「元々は軽音サークルだったのですが、去年の駒場祭のときにやることがなくて、友達に誘われてなんとなく。けど、やってみたら楽しかったです」など、事情は様々のようだ。けれど、ステージ上にいたメンバーは、照れや緊張によるたどたどしさはありつつも、“アイドル”になりきった笑顔で観客を盛り上げていた。

 大学生によるアイドルのコピーグループ初体験の筆者は、想像以上に高いパフォーマンスと、素人ならではの必死さや学園祭を心から楽しんでいる風景に大満足であった。AKB48楽曲ならではの盛り上がりやすさも、学園祭に合っているのだろう。次回の公演はいつなのか。KMB48のTwitter(@KMB48UT)を追いたいと思う。また、学園祭シーズンを迎えると、他大学でも「○○○48」は登場するのだろうか? KMB48以外にもチェックしていきたい。 <取材・文・撮影/林健太>

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中