女の「男性経験人数」は何人が理想?

理想の経験人数は?   気になる女子や、付き合いたての彼女がいたら、なんだかんだ言ってもそのコの「男性経験人数」は気になるもの。多すぎてもショックだし、だからといってover25で処女だったりしたら、それはそれでビックリだし……。実際のところ、男性が考える好きな女の「理想の男性経験人数」は何人くらいなのだろうか? 「もし今あなたに、27歳の気になる女性がいたとして、その女性の男性経験人数は、何人くらいが理想ですか?」という設定で、30代男性にアンケートを実施してみた。結果は下記の通り。

1:~3人    40%
2:4~5人   27%
3:10~15人  20%
4:6~9人   10%
5:16人~      3%

保守的な結果ながら、10人以上でもOKな男性が、6~9人と答える男性よりも多いというのは意外かも。「“これ以上だとひく”という上限は何人?」という問いに対しては、7割方が10人と回答。しかし「100人でもOK」(39歳・マスコミ)という太っ腹な男性も。「100人ヤッた後に自分に辿り着いたなら、それはそれでうれしい」のだとか。

ちなみに、処女はどうですか?

「全然OK」(理想人数3人/34歳・メーカー)
「むしろ萌える」(理想人数2人/32歳・出版)
「27歳で処女だったら、何かあるのかな?とちょっとひく」(理想人数10人/35歳・通信)
「ひきはしないけど、ヤらせてくれるのか不安になる」(理想人数5人/33歳・金融)

ひく人も少なからずいるが、理想とする男性経験人数が少ない人にとっては、over25で処女でもまったく問題はない様子。

 お次はアラサー女性への調査。気になる男性や恋人にこれまでの男性経験人数を聞かれたら何人と答える? サバは読む?

まずは経験が5人以下の女性の回答。

「学生時代から付き合っている彼氏としか経験はない。別に恥ずかしいことでもないから、正直に1人と答える」(26歳・事務)
「歴代の彼氏が4人なので、Hしたのも4人。サバは読まない」(30歳・食品)
「3人。この年齢にしてはちょっと少ない気がするのでもう少しヤッとけばよかったと思う。でも盛ったりはしない」(32歳・公務員)

続いては経験人数が6人以上の女性たちの回答。

「何か、今まで忘れてたけど、改めて数えてみて思い出した人もいた(笑)。全部で7人。男の人に聞かれたら……うーん、5人って答えるかな」(25歳・通信)
「全部で11人。そのうち、1回限りの人が4人。ふと数えてみて10人を超えたと気付いたときに、ちょっとやばいな、これからは抑え目にしなきゃなと思った。男性に聞かれたら……5人と言いたいけど、半分以下にするのはさすがに気が引けるから、6人って答えます」(29歳・広告)
「15人。思い出したくない人もいる……。正直に15人て答えたら当時の彼氏にドン引きされたことがあるので、それ以来は7人と答えています」(28歳・飲食)

    5人以下の女性は正直に申告するが、6人以上になると途端にサバを読み始めるという、わかりやすい結果が明らかに。ワンナイトラブや、酔った勢いで即Hといった経験がある人も多いよう。本人的にも消したい過去なので、ついつい過少申告をしてしまうのかも。

 なかには、

「15人。でも、『何だかんだいって男の人は2~3人くらいと答えて欲しいはずだから、ウソをつくなら思い切ってつくべき』というのをどこかの恋愛マニュアルで読んだので、3人と言い切ります」(28歳・アパレル)

というツワモノも。

  「経験人数なんて気にしないよ」と言いながらも、その実気になっている男性の微妙な心のせめぎあいを、女性は熟知しているよう。女性の答える「5人」「6人」といった数字は、「得意料理は肉じゃがです」レベルのファンタジー。実際は×2くらいで考えておいたほうがよさそう!?

取材・文 マッキーナ

◆おすすめ書籍
いい女はみんな淫乱 OLのリアルSEXライフ

ディープインタビューは一見の価値アリ

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
人生は決して諦めないこと…映画『トランボ』に学ぶ
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日——フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」——46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな——連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中