【まどかコスも披露】フィリピンのコスプレアイドル・アローディアは大の親日家だった!

アローディア 竹島をめぐる問題がきっかけで、韓流アイドルの日本におけるフィーバーぶりが急激に冷えつつあるという。そういった政府レベルの大人の事情はよくわからないけど、“冷えつつある”のが事実であれば、その“代わり”となるモノが当然、彗星のごとく現れてもいいわけで……。そこで、僕、ゴメス記者が、ただ今注目しているのはズバリ! フィリピン、なのである!!

 いや、おおげさじゃなく、はじめて彼女の姿をYouTubeで発見したときは、ビビッと来ちゃいましたよ。この子は絶対に売れる! それも日本で!!

 彼女の名は、アローディア。1988年3月9日生まれの24歳。すでに自身のFacebookでのファンページ登録者数は119万人を越えているらしい。現在、アジア全域でもっとも有名なフィリピン人の女性コスプレイヤーであり、得意のピアノを活かし、近日ミュージシャンとしてのデビューも決まっているんだとか。

 まず、“フィリピン出身”ってところがいい。日本人のアイドルを支える男性層が、アメリカだとか南米だとかヨーロッパ出身の、まったく容姿がかけ離れたアイドルに入れ込むケースは、気質的にほぼ皆無のように思える。ならば、残るは先述の理由で中国、韓国を除いたアジアってことになるが、インドネシアはすでにJKT48で秋元センセイにツバをつけられ……。そんな状況下でいきなり、スキ間をぬって(?)、フィリピンから襲来したのである。まさにタイミングばっちり! あと、それ以外にも、僕が今回ここまでアローディアのことを「売れる!」と断言したい根拠はいくつもある。列挙してみよう。

(1)日本のアニメ作品をメインにしたコスプレイヤーである。

 彼女の母国・フィリピンでも日本のアニメは大人気(なんだそう)。そのなかでも、アローディアは、7歳で『セーラームーン』を見てジャパニーズ・アニメに目覚め、それ以降、自分でコスチュームをつくって着てしまうほどの生粋なるアニメおたく。アキバの住人たちを萌えさせるには十分すぎる“エリート・コスプレイヤー”なのだ。

⇒アローディアのコスプレ画像はこちら
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=306461


(2)日本の女子にはあり得ない、腰高の超絶プロポーション

 アニメに出てくるヒロインの多くは、当たり前だが、三次元世界ではあり得ない、ずば抜けたプロポーションの持ち主。ちんちくりんで6頭身ほどの女子が、そのコスチュームを正確に再現して、身にまとったところで、申し訳ないけど“別モノ感”は否めない。腰の位置が僕のヘソより高い(身長は僕より低い)、顔がハンドボールより小さい……といった、骨格の段階から日本人離れしたプロポーション、なのにアジア的、しいては日本的な要素を残す顔つきである彼女だからこそ、“見せるコスプレ”が成立しえるのではないか。

(3)正真正銘の親日家である

 日本のアニメをきっかけとしてコスプレイヤーの道へとすすんだだけに、日本が大好き。今回の初来日でも、ゲームショーのステージに立ち、これからは日本を中心に活動をしていきたいとのこと。応援する側からすると、やはり自分の国のことを本気で褒めてもらえば、アドバンテージも高くなる。

(4)語学習得能力が異様に高い!

 日本人に比べ東南アジアの人たちは、耳がいいのか、とにかく語学習得能力に長けている。今はまだ片言だが、それでもなかなかキレイな日本語をところどころで披露していた。日本で活動するのなら、ある程度は日本語でしゃべれることに越したことはない。いや、海外で本気で成功したければ、活動拠点の言葉を身につけるのは必須なのかもしれない。たとえば、イチローが英語堪能な元アナウンサーの嫁を選んだように?

(5)素人っぽさが残っている

 どうやらフィリピンでは屈指のお金持ちのお嬢さまである、との噂。ゆえに、ある種のアイドル特有のガツガツ感が彼女にはただよっていない。あくまで“自分の好きな”コスプレをモチベーションとしての活動が許されるわけだ。言い方を変えると、“素人っぽさを維持できる環境”に恵まれているのである。できるなら、その初々しさ、アマチュアリズムをずっと失わないでいただきたいものだ。

 ちなみに、近々ゴメス記者によるアローディアの独占インタビューを掲載するつもりである。ご期待されたし!!

【ALODIA GOSIENGFIAO(アローディア・ゴセンフィアオ)】
’88年3月9日、フィリピン・マニラ生まれのコスプレイヤー、フィギア&ドールコレクター、モデル、アーティスト。身長:165㎝ 特技:ピアノ 言語:英語、タガログ語/世界中のコスプレイベントやアニメ大会に多数参加し、今年9月に念願の初来日を果たす。HP (http://www.alodiagosiengfiao.net

【山田ゴメス】
1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。日刊SPA!ではブログ「50にして未だ不惑に到らず!」(http://nikkan-spa.jp/gomesu)も配信中。現在「解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ系列)(http://www.ntv.co.jp/99answer/)に“クセ者相談員”として出演。『クレヨンしんちゃん たのしいお仕事図鑑』(双葉社)も好評発売中!

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中