【ライトノベル市場】主な購買層は30代男性

◆重厚な本格ファンタジー作品の人気が復権中!

 表紙のイラストや「ライト」といった名称から、「萌え」や子供向けという先入観を持つ人もいるラノベだが、最近の作品に関して言えばそれは完全な誤りだ。

「最近は重厚な設定を持つファンタジー作品に勢いがあります。売れ筋は、仮想ネットゲーム世界が舞台の『ソードアート・オンライン』や『アクセル・ワールド』」と言うのは、秋葉原の書泉ブックタワー、ラノベ担当・田村恵子氏。

「この2作品のヒットから、仮想世界ファンタジーが一気に増え、ネットにまつわる設定をスパイスにした王道ファンタジーが復権してきました」と『ラノベの教科書』を編集した若尾空氏も続く。

 これらの王道ファンタジーは、ハーレム系(美少女に囲まれた主人公が出る作品)に比べて女性読者も多いという。

「アニメが放送されると同時に、女性が全巻購入していく姿も見られます。作品によっては2割以上女性なことも」(神保町・書泉ブックマート、ラノベ担当・中冨美子氏)

 また、新橋での調査では認知度が低かったが(http://nikkan-spa.jp/380148)、実は30代男性は大きな購買層だという。

「ライトノベル黎明期からずっと読んでいる30代はメイン読者層の一つ」(このラノベがすごい審査員を務めるまんが王八王子店・工藤淳氏)、「客層は30代が過半数。手軽に読めて、マンガよりは文章を読みたいという層がライトノベルを手にとっていますね」(中冨氏)、「ハーレム系に食傷気味になった読者が、読みでのある重厚なストーリーを持つ作品に流れています」(田村氏)という。

 酸いも甘いも知ってしまった30代以上の男性に、ハーレム系はちょっと推し難い。そんな層が、現在のラノベにおける本格ファンタジー作品の復権を後押ししているのかもしれない。

⇒【2012文庫ライトノベル シリーズ別TOP10】はコチラ
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=374785


ラノベ

’11年12月5 日付~’12年11月26日付シリーズ別の推定売上部数(オリコン調べ)。出版市場が縮小するなか、一時ほど右肩上がりではなくなったが、ヒット作は生まれ続けており、市場規模はほとんど縮小していないという

イラスト/さんば挿(代表作 天鏡のアルデラミン)
― 30歳からのラノベ入門【2】 ―

衝撃の事実。元AV女優・紅音ほたるが急逝していた

紅音ほたるさん
 元AV女優の紅音ほたるさんが、8月15日に亡くなっていたことがわかった。AV引退後の所属事務所の社長兼パートナーによると同日午前、自宅で倒れた状態の…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中