寿司職人が困ってしまう注文の仕方

何げなくやっていることが実は嫌われる原因になっていた……なんてのは、職場でも男女間でもよくあること。それはお店とお客の関係でも同様だ。クレーマーや明らかな迷惑行為は別にして、店側から見た[好かれる客/嫌われる客]の“ありがち言動”を、各業種のプロに聞いてみた!

◆ちょっと敷居の高い場所で[スマートな客]に見られるには?

【老舗の寿司屋】

寿司,体験談, 客, 残念な人, 職業 寿司といえば、いろんな作法がありそうだが、「食べ方とか順番とかないですよ。好きに食べていいの。『おいしい』ってたくさん食べてくれるお客さんが一番なんだから」と、日本橋の老舗寿司店のご主人。

「こうされたらイヤってことは特にないけど、困っちゃうことはあるかなぁ。かなり召し上がったあとに『おすすめ握って』と言われると、もう出尽くしましたと(笑)。そもそもおすすめできるものを置いてるわけですし。それから、出したらすぐに食べろとは言わないけど、話に夢中で30~40分も放置されるとタネが乾くし、もったいないなぁと思います。なかには箸で寿司をつまんでから話し始める人も。長々と持ったままだと、崩れるんじゃないかと見ててドキドキしちゃう(笑)。簡単に崩れないようには握ってるけどね」。

 気をつけたいのは喫煙マナー。同店ではテーブル席のみ喫煙可だが、「自分の接待相手や仲間に配慮して外側に煙を吐くのをよく見ますが、吐いた先に別のテーブルのお客さんがいるってことを考えてほしい」って、そりゃそうだ。

【銀座のバー】

 銀座にある創業60年のバーのマスターによると、うれしいのは「インテリアをほめられること」とか。「創業時から使っていて店の歴史を物語るものですからね。あとは会計時に『安い』と驚かれるのもうれしい。もっと高いと思ったということは、それだけウチを評価してくださったことかなと」。

 一方、困ってしまうのが、よそのバーで飲んだオリジナルカクテルを注文されること。「作れないと露骨にガッカリされて気まずい」とか。そして、極めつきは「初めて見えた女性のお客様に『私のイメージでカクテル作って』と言われることです。実は結構いらっしゃるんですよ」って、そんなベタな注文をする勇気がすごいわ!

― プロが回答した[好かれる客/嫌われる客]白書【12】 ―

衝撃の事実。元AV女優・紅音ほたるが急逝していた

紅音ほたるさん
 元AV女優の紅音ほたるさんが、8月15日に亡くなっていたことがわかった。AV引退後の所属事務所の社長兼パートナーによると同日午前、自宅で倒れた状態の…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中