ポルシェとフェラーリはどっちがすごいのか?

路頭に迷いかけたところを拾ってくれた師匠(MJブロンディ)がフェラーリ至上主義者にして大乗フェラーリ教教祖だったため、本当はポルシェが大好きなのに、その気持ちを胸の奥に仕舞い込んできた下流自動車評論家マリオ高野が反逆宣言! 内気なマリオに師匠への謀反を決意させた新型ケイマンの魅力とは? もう“ポルシェ愛”が止まらない!

ポルシェ

フェラーリと違い、普通の人に見せてもドン引きされないスーパーカー。燃費はカタログ値でリッター11km以上と国産2リッタースポーツカー並み。価格は612万円~

マリオ高野=文 Text by Mario Takano
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

◆愛が止まらない。毎日乗りたい派はフェラーリよりポルシェを選べ!【後編】

⇒【前編】はコチラ

 昔から「フェラーリとポルシェはどっちがすごいのか?」と問う声がよく聞かれますが、自分の場合は「1台ですべての面において満足したい」と望むタイプのクルマ好きなので、今後は微塵も迷わずに「ポルシェ!」と叫ぶことを決意しました。

 かくいう自分も、かつてバイト先で、お客のフェラーリ512TRのアクセルをベタ踏みした時、この世のものとは思えぬ凄まじき官能的サウンドに「神」を見た経験がありますが、フェラーリは尊敬と畏怖の対象であって毎日乗るものではありません。フェラーリ以外にもクルマを持てる人はいいですが、例えば郊外で暮らす若者が、生活費を切り詰めてクルマにすべてを投じる生活を送る場合、フェラーリだと日常の足代わりにはできないので、通勤や買い物などに使えません。ボロボロの軽自動車を足代わりにする手段もありますが、せっかく大金をはたいてガソリンを燃やすのですから、その代価として快感が得られない移動を行うのは実にモッタイナイ。

 しかし、日常の足としてもガンガン使えるポルシェなら、ちょっとコンビニまでマンガを立ち読みしに行く程度のドライブでもヨダレを垂らしそうになる快感が得られるのです。日常の移動で疲れた身体を癒し、覚醒させてくれる喜びはフェラーリでは味わえません!

 またポルシェは、“最新が最良”と言われる一方で、昔から年月や距離を重ねても味わいが劣化しにくいことでも定評があります。今回は走行距離が2万kmを過ぎたボクスターにも乗ってみましたが、コレがまた良い感じに馴染みまくり、トロけるような味わいになっておりました。ポルシェなら、私のインプレッサのように20万km乗り続けても飽きることなく愛し続けられるので、走行距離が伸びるのをビビって、月イチしか乗れないフェラーリとは違う! うおおおおスキスキ、ポルシェ!!

【結論】
フェラーリと違って毎日悶絶できる充実のカーライフを与えてくれるポルシェこそが庶民のためのスーパーカー! 貧窮生活にあえぐ下流人間が欲すべきはポルシェなのです。ポルシェを買わずに死ねるか!

ハンドルは左右選択可能。エネルギー回生やアイドリングストップなどのエコ機能も備わる。電動リアスポは時速120kmで作動。ボンネット下には容量150リットルのトランクも

旧型よりも全長は60mm伸び、格上の911っぽい雰囲気が強まった。7速デュアルクラッチ(2ペダル)は高性能で文句はないが、6速MTのほうが気持ち良さは2割増となる

― 愛が止まらない。毎日乗りたい派はフェラーリよりポルシェを選べ!【2】 ―

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中