ポルシェとフェラーリはどっちがすごいのか?

路頭に迷いかけたところを拾ってくれた師匠(MJブロンディ)がフェラーリ至上主義者にして大乗フェラーリ教教祖だったため、本当はポルシェが大好きなのに、その気持ちを胸の奥に仕舞い込んできた下流自動車評論家マリオ高野が反逆宣言! 内気なマリオに師匠への謀反を決意させた新型ケイマンの魅力とは? もう“ポルシェ愛”が止まらない!

ポルシェ

フェラーリと違い、普通の人に見せてもドン引きされないスーパーカー。燃費はカタログ値でリッター11km以上と国産2リッタースポーツカー並み。価格は612万円~

マリオ高野=文 Text by Mario Takano
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

◆愛が止まらない。毎日乗りたい派はフェラーリよりポルシェを選べ!【後編】

⇒【前編】はコチラ

 昔から「フェラーリとポルシェはどっちがすごいのか?」と問う声がよく聞かれますが、自分の場合は「1台ですべての面において満足したい」と望むタイプのクルマ好きなので、今後は微塵も迷わずに「ポルシェ!」と叫ぶことを決意しました。

 かくいう自分も、かつてバイト先で、お客のフェラーリ512TRのアクセルをベタ踏みした時、この世のものとは思えぬ凄まじき官能的サウンドに「神」を見た経験がありますが、フェラーリは尊敬と畏怖の対象であって毎日乗るものではありません。フェラーリ以外にもクルマを持てる人はいいですが、例えば郊外で暮らす若者が、生活費を切り詰めてクルマにすべてを投じる生活を送る場合、フェラーリだと日常の足代わりにはできないので、通勤や買い物などに使えません。ボロボロの軽自動車を足代わりにする手段もありますが、せっかく大金をはたいてガソリンを燃やすのですから、その代価として快感が得られない移動を行うのは実にモッタイナイ。

 しかし、日常の足としてもガンガン使えるポルシェなら、ちょっとコンビニまでマンガを立ち読みしに行く程度のドライブでもヨダレを垂らしそうになる快感が得られるのです。日常の移動で疲れた身体を癒し、覚醒させてくれる喜びはフェラーリでは味わえません!

 またポルシェは、“最新が最良”と言われる一方で、昔から年月や距離を重ねても味わいが劣化しにくいことでも定評があります。今回は走行距離が2万kmを過ぎたボクスターにも乗ってみましたが、コレがまた良い感じに馴染みまくり、トロけるような味わいになっておりました。ポルシェなら、私のインプレッサのように20万km乗り続けても飽きることなく愛し続けられるので、走行距離が伸びるのをビビって、月イチしか乗れないフェラーリとは違う! うおおおおスキスキ、ポルシェ!!

【結論】
フェラーリと違って毎日悶絶できる充実のカーライフを与えてくれるポルシェこそが庶民のためのスーパーカー! 貧窮生活にあえぐ下流人間が欲すべきはポルシェなのです。ポルシェを買わずに死ねるか!

ハンドルは左右選択可能。エネルギー回生やアイドリングストップなどのエコ機能も備わる。電動リアスポは時速120kmで作動。ボンネット下には容量150リットルのトランクも

旧型よりも全長は60mm伸び、格上の911っぽい雰囲気が強まった。7速デュアルクラッチ(2ペダル)は高性能で文句はないが、6速MTのほうが気持ち良さは2割増となる

― 愛が止まらない。毎日乗りたい派はフェラーリよりポルシェを選べ!【2】 ―

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中