カーライフ

日産リーフでポルシェディーラーに行ってはいけない理由

ポルシェ初のEVに乗車

 先日、ポルシェ初のEV(電気自動車)「タイカン」の「タイカンターボ」に試乗する機会があった。タイカンはEVなので、ターボといってもエンジンすらなく、普通のタイカンよりパワフルなグレードという意味。「ポルシェと言えばやっぱりポルシェターボ!」みたいな感じのネーミングでありまする。
タイカン

ターボエンジンじゃないのに、その名もタイカンターボ!

 タイカンターボはポルシェのEVだけに、猛烈に速かった。当然バッテリーもバカデカい(93.4kWh)。値段もバカ高く、2023万円である。  こんなバカみたいに速くてデカくて高いEVなんて、実にバカバカしい。なぜなら、数年以内にバッテリー技術に大革新が起きて、大幅に小型軽量高出力化されるはずだからである(推測)。リチウムイオン電池を使っているEVは、間もなく旧世代の恐竜となる。タイカンもその例外ではないはずだ。  と思っていたのだが、近所のポルシェディーラー(ポルシェセンター浜田山)の前を通りかかったとき、気になるブツを発見した。
ポルシェディーラー

浜田山にあるポルシェディーラー

その名もポルシェ・ターボチャージャー!

「あれがポルシェの急速充電器か!」  その名もポルシェ・ターボチャージャー。またしてもターボである。テスラの専用急速充電器はテスラ・スーパーチャージャーだが、さすがポルシェ、そこにターボチャージャーで殴りこんだ。まさに竜虎相打つ決戦!  ポルシェ・ターボチャージャーの出力は、最大150kWであるという。日本の急速充電器は44kWとか50kWが主流だから、その3倍以上。さすがポルシェだ!  私がタイカンみたいなEVをバカバカしいと思う理由には、充電に時間がかかりすぎる点もある。高速道路のSAやPAにある急速充電器の利用は、1回につき30分まで。つまりほとんどの充電器で、1回あたり25kWhの充電が限度だが、それじゃタイカンのお腹は3分の1も満たされない。タイカンターボで新東名を時速120kmで飛ばしたら、25kWhぽっちじゃ100kmも持たず、1時間走るごとに30分充電せねばならない。あ~バカバカしい!(※東名・海老名SAのみ,90kWの急速充電器アリ)
ポルシェターボチャージャー

これがポルシェターボチャージャー!

 でも、ポルシェディーラーの、あのスペシャルな充電器なら充電速度は3倍だ。営業時間内なら、ゴージャスなディーラー内で充電待ちもできるだろう。それはとってもエレガントな時間になる予感がする。フェラーリやランボルギーニだって、専用のガソリンスタンドはないですから!  しかも、ポルシェ・ターボチャージャーは、日本で普及しているチャデモ規格。テスラ・スーパーチャージャーは専用規格につきテスラしか使えないが、ポルシェ・ターボチャージャーは、他社のEVにも使えるのかもしれない!私は電話で問い合わせてみた。
次のページ
EVはどこでも充電できると思ったらダメ!
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事