「激安スマホ」端末代込み月々2100円はお得か?

長く続いた不況は、我々の生活に激安カルチャーを浸透させた。一方、アベノミクスがもたらした好景気によって、プチ贅沢の機運も盛り上がりつつある。もはや「激安ならなんでもOK」な時代は終わったのだ。「いい激安」と「ダメな激安」を見極める目が問われている今だからこそ、本当にお得な激安商品とは何なのかを検証する!

◆SPA!「ギークロ」担当編集がお試し『スマートフォン』月々2100円

スマートフォン スマホの利用料金は、月々7000円前後というのが一般的。これを安くあげるために、いわゆる「格安SIM」を利用する方法が知られているが、SIMフリーのスマホを用意したり、自力で設定を行ったりと、微妙にハードルが高いのが現状だ。

 そんなところに、通話基本料+パケット使い放題に、端末代(24回払い)まで加えて2100円という驚きの新サービス「フリービットモバイル」が登場。面倒な設定は一切不要で、格安スマホライフが満喫できるということで、さっそく申し込んでみた。

 安さの秘密は、他の格安SIM同様「速度」にある。最大通信速度150~200kbpsというのは、LTEと比べるのが間違っているほど圧倒的に遅い(オプションで速度制限の解除も可能)。とはいえ、メールを確認したり、LINEやツイッターなどのメッセージ系アプリを使う分には問題なし。地図を表示するのは少し時間がかかるが、画面が固まったりはしないので許容範囲内。ゲームも『パズドラ』や『LINE POP』は普通に遊べた。ただし、これらのゲームは頻繁にデータやアプリの更新を行うが、それに引っかかるとお手上げ。大量のデータをダウンロードするようなゲームや動画再生も絶望的だ。

 通話は、月1000円の音声通話オプションをつけるか、プリインストールされているIP電話アプリで行う。アプリでの通話は気になるレベルの遅延が発生し、ビジネスで使うには少し厳しい。電子手帳代わりのデータ通信専用端末としてなら、大いにアリだろう。

 スマホ初心者が手を出したくなる価格設定ではあるが、むしろ自分がスマホで何をしたいかを熟知している上級者向けとの印象を受けた。(「ギークロ」担当編集F)

【オススメ度4】★★★★☆☆
ふとした瞬間に速度制限のストレスを感じるのは否めないが、スケジュール管理、ネットでの簡単な調べもの、メールやSNSなどは基本的に問題なし

取材・文/小野田 衛 江沢 洋 田中麻衣子 古澤誠一郎 古田雄介
― 噂の[激安商品]を試した!【5】 ―

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】
 最強の恐竜とは何か?と聞かれれば、誰もが思い浮かべるのがティラノサウルスだ。映画やアニメなどでおなじみの肉食恐竜だが、ティラノサウルスがなぜ最強なの…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中