「御社のマウスオーバー広告がウザいんですけど」と聞いてみた

ネット

マウスオーバー広告ムカつくーーッ!

 ネット上の広告として最近目につく「マウスオーバー(マウスオン)広告」。クリックしなくてもカーソルが触れただけでブラウザいっぱいに広告が表示されたり勝手に動画が再生されたりして、正直ウザい。そう思っているのは記者だけでなく、ツイッターでちょっと検索しただけでも「マウスオーバー広告ウザすぎ」「死ね」「滅びろ」と怨嗟の声が渦巻いている。その広告を出している企業を名指しで批判するツイートも多々あり、広告としてむしろ逆効果なんじゃないかと心配になるほどだ。

 実際、今回の記事のために意見を募集したところ、「広告自体を否定はできないけど、アレは好感度アップにはつながらない。強引すぎる」「今現在見てる記事を邪魔するように出てくるマウスオン広告に嫌気がさして広告ブロックを導入しました。今までバナータイプの広告なら気になる広告はクリックしたりしてましたが、マウスオンは不快感でしかなく何の広告だったかも覚えてません」といったコメントが数多く寄せられた。

 さらには「某放送局のマウスオーバー広告のせいで(ドラマ出演者の)俳優まで嫌いなりそう」「某バンドのメジャーデビューアルバムの広告がそれでした。オンマウス状態になるとYouTubeから勝手に動画を開いてその動画を閉じる×印のところがちょうど広告の位置になりどうにも抜け出せない状態になって非常に不快でした」と、出演するタレントやバンドまでがとばっちりを受けかねない状況に。

 そこで、こうしたマウスオーバー広告をよく見かける企業として複数のユーザーから名前の挙がった数社に取材をお願いしてみた。

 質問事項は、

1)御社がマウスオーバー広告を採用している意図・狙いは何ですか?
2)その広告手法に不快感を示す人がいることをご存じですか?
3)「逆効果ではないか」との意見について、どう思われますか?
4)今後、その広告手法について見直す考えはありますか?

 の4つ。

 ところが、「企業のマーケティングに関わる案件のため、弊社からの回答は控えさせていただきます」「今回いただいた貴重なご意見を今後の業務の参考にさせていただきます」といった木で鼻をくくったような回答ばかりで、まともに相手にしてくれない。

 そんななか、唯一きちんと答えてくれたのが劇団四季だ。ミュージカル『マンマ・ミーア!』のマウスオーバー広告に多くの「ウザい!」の声が寄せられていたのだが、「確かに不快に感じられる方もいらっしゃるだろうなと、ご指摘を受けて我々も思いました」と広報担当者は率直に語る。

「今回、代理店さんのほうから『新しい広告の形』ということでご提案を受けまして、『じゃあやってみよう』とトライアルのつもりでやらせていただいたんですね。ただ、やはりご指摘のとおり、利点と欠点があると。その点については我々も非常に配慮を欠いていたというか、そこまで気が回らなかったというのがありまして……」と恐縮しきり。どうやら広告出す側もあまりよくわかってなかったらしい。

 今後については、「どのように活用していくか、違う形で何か展開するのか、改良した形でできるのか、現時点では白紙」とのこと。「今回のご指摘も含め、いろいろ吟味しつつ次の展開を考えたいと思います。いずれにせよ、我々が少しうかつでした」と広報担当者は最後まで恐縮していたが、とても誠実に対応していただいて、記者の劇団四季への好感度は大幅アップ。何なら『マンマ・ミーア!』を観に行ってもいい。ほかのマウスオーバー広告出してる企業の皆さんも、ぜひユーザーの心の叫びに耳を傾けていただきたい。 <取材・文/新保信長>

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中