海外でのスマホ使用、ベストチョイスはモバイルルーター

海外で利用できるスマホサービスにもバリエーションが増えてきた今、一体どれを使うべきなのか。旅先で賢くモバイルするための極意を最新事情と併せてお届けする!

⇒【前回】海外旅行でのスマホ活用、パケ死しないためには?
http://nikkan-spa.jp/633146


◆エリアによってはオススメの格安SIM

 海外でおトクにデータ通信するための手段として、よく紹介されるのが「現地の格安プリペイドSIMを利用する」というもの。だが、その恩恵を享受するには次の条件を満たす必要がある。

(1)SIMフリー端末を持っている

 国内キャリアで手持ちのスマホをSIMフリー化できるのはドコモのみ。他キャリアのユーザーは、アップルストアでSIMフリー版iPhone、Google PlayでNexus5などを買うか、並行輸入業者からSIMフリー端末を入手しよう。ドコモユーザーからSIMフリー化した端末を譲ってもらうのも手。

(2)行き先が「SIMカードを入手しやすい国」である

SIM

バンコクの空港にある、ツーリスト用SIMの販売コーナー。通信プランは、音声のありなしが選べる

 旅先での貴重な時間をSIMカード探しに費やすのはもったいないので、「空港で入手できる」のが望ましい。「香港、台北、シンガポール、タイなど、アジアの各国ではおおむね空港で手に入ります。意外と入手しづらいのがアメリカで、街中の量販店を探すのが近道」。

 国内で販売されている海外用SIMをあらかじめ購入しておくというのも手。昨年末に販売開始された「GigSky」は、世界の70か国以上をカバー。SIM価格2480円+データ料金(アメリカの場合、300MB、14日間利用で4200円など)はいささか割高だが、キャリアのパケット定額よりは安くおさまりそうだ。現地でSIMが手に入りにくい国なら選択肢になり得る。

 ちなみにタイでは「ツーリストSIM」と銘打った観光客向けプリペイドSIMを販売中。「約900円で、7日間、1GBのデータ通信が可能」と、プランもシンプル。空港カウンターのスタッフも手慣れたもので、端末を手渡すと言語設定は日本語のまま開通作業までやってくれる。こうした国が増えれば、海外SIMももっとポピュラーになるのだが……。

◆ベストチョイスはモバイルルーター

モバイルルーター

グローバルWiFiのモバイルルーターキット。出発前にネットで申し込み、空港で引き取るのがオススメ

 大半の海外旅行者にとって、もっとも使い勝手がいいだろうと法林氏が太鼓判を押すのは、モバイルルーター。自分専用のホットスポットを持ち歩くようなもので、海外向けのレンタル料金は一日約1000~1500円。データ量が無制限なのが嬉しい。

「デメリットとしては『バッテリーがもたない』といわれますが、最近では充電器から外づけバッテリーまで標準セットで揃えてくれる業者が増えています。なかでも『グローバルWiFi』は、海外の携帯電話事業者と直接契約をして、現地でまともに使えるかどうかを検証したうえでサービスを提供しているので信頼できますね」

 数人で利用すれば、一人当たりの料金はぐっと安くなるのも◎。

⇒【次回】『海外旅行でスマホがあると便利な2つのポイント』に続く
http://nikkan-spa.jp/633148


― 海外旅行でスマホを使い倒す技術【2】 ―

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中