カープ女子の神3「“最近好きになった”と脚色されるのがもどかしい」

カープ女子が全国で急増中だ。本拠地以外も真っ赤に染める彼女たちの情熱はなんなのか? ファンのなかで“神3”と呼ばれるカープ女子のカリスマ、ちほ(大井智保子)、ちさ(古田ちさこ)、けい(天野恵)が語った

カープ女子

左から、ちほ(大井智保子)、ちさ(古田ちさこ)、けい(天野恵)

――ここ最近、凄い露出ですね?

ちほ:最近は球場でテレビ撮影をお願いされることが増えましたね。

――ファンの間で“神3”と呼ばれている3人ですが、自分の姿をメディアで見てどうですか?

ちさ:私は純粋に選手としての堂林くんが好きなんですが、「ルックスで堂林選手を好きになりました」って言わせたい魂胆が見え見えで(笑)。だって記者さんの質問がいつも「見た目でカッコいいと思う選手は誰ですか?」なんです(笑)。

けい:私は毎回「そんなに熱心ではなかったけど、最近カープが好きになりました」って脚色されるのがもどかしい(笑)。生まれたときからカープひと筋なのに!

ちほ:私は読モをやっていて、撮影のときはカバンの中にカープグッズを忍ばせたり、シャネルのバッグに選手名鑑を忍ばせてみたりして密かにアピールしてたんです。そんな“地下活動”がようやく実ったって感じ。堂々と「カープファンです」と言えるのが嬉しい。

けい:でも、このフィーバーぶりは本当に不思議です。小さい頃からずっと「カープはダサい」って思われていると信じてたから。

ちさ:わかる~。今でこそグッズの品揃えが12球団一とか言われてるけど、昔なんて文鎮としてしか使えないものばかり。

一同:そうそう!(手を叩き爆笑)

けい:私は広島市民だったんですけど、カープファンである自分がちょっと恥ずかしい時期もあって。市民球場は汚いし、赤は赤でも朱色みたいなくすんだ赤で……。(ドリンクが運ばれて来て)あっ! ストローが赤だ! 嬉しい!

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=660701

カープ女子――“神3”の馴れ初めは?

ちほ:私とけいちゃんが、中学高校の先輩後輩なんです。

けい:私が中3のとき、ちほさんが高3の先輩で。中高一貫校の管弦楽クラブで一緒だったんです。

ちほ:けいちゃん覚えてる? 緒方(孝市=現総合コーチ)さんが結婚したときのこと。学校中がお通夜みたいになったよね。あーぁ、孝市が結婚しちゃったって(笑)。

けい:覚えてますよ~。

ちさ:私は緒方さんの結婚は心から嬉しかったなぁ~。

けい:上下関係もあって、中高時代はそんなに仲良くはなかったんですよ。10代の頃の3コ違いって、大きいじゃないですか。そしたら卒業後に神宮球場のレフトスタンドで、偶然の再会! あ~、ちほ先輩だ! カープファン? 好きなんですか!?って(笑)。

ちほ:広島の同窓生だったふたりが、神宮が縁で運命の再会!

ちさ:そこに私が加わるんですけど、きっかけはカープファンの写真を撮っているカメラマンの方に声を掛けていただいて。いつもひとりで球場に来ている可愛いコを紹介したいと言われて……でね、話を聞いていたら、その日もちほちゃんがひとりで来ていて(笑)。それで仲良くなりました。

ちほ:私は上京したての頃、「“ひとりドーム”は行けるのに、“ひとりラーメン”に行けない」って悩みを打ち明けたら、周りから「逆だろ!」ってツッコまれて(笑)。神宮にひとりで観戦に行くたび、友達が増えるのが本当に楽しくて。

ちさ:実は私も悩みがあって……。以前、巨人ファンの男のコと付き合ったことがあったのですが、やっぱり「何かが違う」と思って別れてしまって(笑)。そしたらその話が東スポに大きく載っちゃった。「カープ女子、巨人ファンと別れる!」って(笑)。

けい:ヤフトピに載ったよね!?

ちさ:で、その記事を読んだ元カレが連絡してきて。「これオレのことでしょ? もう一度付き合おうよ」って復縁を迫られて……。

けい:また見出しになるかも(笑)

⇒【後編】に続く http://nikkan-spa.jp/655710

【ちほ】
大井智保子(@chihokooi)広島県出身。サロンモデル・読者モデルとして多数のメディアで活躍。熱狂的ファンとして知られ年間観戦数は40試合以上。ひとり観戦も日常茶飯事だとか

【ちさ】
古田ちさこ(@cute_chisa)千葉県出身。一家全員がカープファン。ベビーカーの頃より関東3球場で観戦、「宮島さん」はもとより、「闘魂込めて」「熱き星たちよ」「東京音頭」も子守唄だった

【けい】
天野恵(@kei_amano)広島県出身。父の影響で小さい頃からカープひと筋。本業はバイオリニスト。「PafeOke」のメンバーとしてメジャーデビュー。TV出演、CMなどでも活躍している

― “神3”が語る[カープ女子]の生き様【1】 ―

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?
sponsored
 いつの間にか、セミがガンガン鳴きだして夏がきたと感じる昨今。今年の夏は、2010年以来の猛暑が予想され、連日うだるような暑さを覚悟しなくてはならない…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
名古屋喫茶の雄「コメダ珈琲」上場で変わるカフェマーケット
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」――46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中