単なる遊びじゃない!パーティゲーム「人狼」は日常生活で役に立つ!?

「休日の予定は?」と聞かれて、手帳を見返して、筆者は愕然とした。このところ、休みの日とあればせっせと通うのは「人狼」のみ。少なく見積もっても、週に2回は人狼をしている。

人狼~嘘つきは誰だ?~

「人狼~嘘つきは誰だ?~」フジテレビHPより

「人狼」とは、パーティーゲームの一種で、村人側か狼側に振り分けられ、参加者の誰が狼であるかを推理して探すゲームである。TBS系やフジテレビ系でも人狼の番組が放映されたり、人狼を題材とした映画や舞台も生まれたりしている。

 人狼は参加者同士でコミュニケーションをとり、言葉や表情や動きを尽くして人を説得していく場面の多いゲームだ。私自身、仕事相手との打ち合わせで、「○○さんの意見はそうなのですね。私視点ではホニャララなのです」などと、人狼の最中でもありがちな、互いの立場を明確にした上でどう落としどころを見つけるか、といった発言が増えたように思う。

 ならば、ほかの人狼に熱中するプレイヤーたちも、日常生活で役立ったことがあるのではないだろうか。周囲に聞いてみた。

◆仕事編

「伝えたいことを明確に伝える工夫ができるようになりました。例えば、もともと早口で言い切ってしまいがちだったのが、重要な部分を区切って発言してみるとか。言いたいことがいくらたくさんあっても、全部を同じトーンでまくしたてても、相手には伝わらないんですよね。人狼のゲーム中でも、ここだけは全員で共有したい、という内容は一言一言区切って発言するようにしています」(25歳・男性)

「人狼って、言っていることが100%正しいという確証がなくても、自信なさげに言うのと、自信たっぷりで言い切るのとでは、後者のほうが信じてもらえることが多いんです。印象値で。僕は自営業なので、自分を売り込むために営業することが必要なのですが、ハッタリで『言い切る』と、仕事相手にも信頼されて仕事量が増えたような気がします」(24歳・男性)

◆恋愛編

「人狼でのスキルが役に立つ、というよりも、人狼で出会って付き合った相手って“本物”なことが多いんじゃないかなと思います。人狼って騙し合ったり、説得し合ったりする過程で、ゲーム中にかなり本性が見えるので、その姿を見ていて大丈夫なら、長続きするんじゃないかな、と」(33歳・男性)

「最近、4年付き合った彼氏と別れたのですが、別れ話をする際に、不毛な感情のぶつけ合いにならずに済みました。結論から言ったり、過去と現在の状況を整理して、なぜその考えに至ったのかを具体的に説明したり。その際、人間性の否定になるような発言はしないようにも。人狼でも、ゲーム中に相手の人間性を否定するようなことを言うのはご法度ですから。おかげで、今までの人生で上手く別れられず、二度と連絡取れなくなった人ばかりだったのが、今回はそうはなりませんでした」(26歳・女性)

 ちなみに、「それで相手は本当に納得したのか?」と突っ込んで聞いてみたところ、「……私視点では」と返ってきた。実際、人狼で得たスキルを日常に活かせる場面は多いのだろう。ただ、それだけで完璧に相手と意図を共有でき、両者が納得する落としどころを見つけられると思うのは奢りだ。そう胸に刻み、明日からも人狼にいそしみたい。 <取材・文/朝井麻由美>

【朝井麻由美】
フリーのライター・編集者。主なジャンルはサブカルチャー/女子カルチャーなど。体当たり取材が得意。雑誌「ROLa」やWeb「日刊サイゾー」などでコラム連載中。近著[構成担当]に『女子校ルール』(中経出版)。Twitter @moyomoyomoyo (https://twitter.com/moyomoyomoyo

女子校ルール

とにかく女子校愛満載。笑いあり、発見あり、超必見の1冊です!!

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中