アイドルライブにエロい女ヲタたちが出没。愛称は“セックス屋さん”

地下アイドルの現場

地下アイドルの現場は男女かかわらず同族意識が強いため、年齢に関係なく同じアイドルのヲタ同士で付き合うこともあるという ※写真はイメージです

 夏フェスや音楽イベントには、出会いを求めて集まる者も多い。特にこの夏はアイドルフェスでエロいことをやりまくってる連中がいるという情報をキャッチした。

「ここ1年の間に地下アイドルのイベントや野外フェスに“セックス屋さん“と呼ばれる女ヲタが増えたんです。ライブ中でもお構いなしに会場の一角を使ってエロいことしてるらしいよ」(アイドルマニア)

 半信半疑ではあったが、アイドル数十組が出演する夏フェスに潜入すると信じられないような光景が飛び込んできた。”ピンチケ”(※)と呼ばれるマナーを無視して暴走する若者集団の中に若い女のコが数人いて、抱きつかれたり、胸を揉まれたりしているではないか。一応、女のコは人目を気にしているが、笑顔を浮かべてまんざらでもない様子。

 女のコの一人に声を掛けて事情を聞いてみると「”セックス屋さん”はピンチケたちが勝手につけた愛称だよ」と苦笑しながらも、カッコいいピンチケと仲良くなるために現場に足を運ぶのだという。

「もともとアイドルが好きで、自分がアイドルになりたい願望もあるコがほとんど。援交上等やセックス上等ってTシャツに書いたりして会場に行くと、いろんなファンに構ってもらえて、ちょっとした人気者になった気分なんです」

 ビジュアルはピンキリだが、セックス屋さんのなかにはかわいいコもいるから驚きだ。あるピンチケは、次のように教えてくれた。

「ライブ後にカラオケボックスへ移動して、トイレで本番したこともある。向こうもネタっぽく始めたんだろうけど、何回か会場で会って、エロいやりとりするうちにエスカレートして、我慢できなくなっちゃうこともありますよね」

 フェスでのお祭り騒ぎが貞操観念をおかしくさせているようだ。

※ピンチケ……そもそもはAKB48劇場で中高生向けに安く販売されるピンク色のチケットのこと。だが、最近ではそこから転じて“マナーを守らない”若いアイドルファンに対する蔑称として使われている

※9/1発売の週刊SPA!では、「[SEX無法地帯]潜入ルポ」という特集を掲載中。女子大生取材のパーティから、定番の夏の海、花火会場など、今年の夏も乱れ狂った“性の現場”に小誌記者が突撃した

<取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!9/8号(9/1発売)

表紙の人/ 池田エライザ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

「仕事の“スイッチ”を入れろ!」WORLD ORDER須藤元気が教える「リアルゴールド ワークス」の活用法【PR】

-shared-img-thumb-SAYA160312140I9A3606_TP_V3
 昨今、コンビニやスーパーに行くと、エネルギードリンクをはじめとして、栄養ドリンク、機能性飲料など、働く男をサポートするさまざまなドリンクを目にする。…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中