雑学

今さらだけど「おフェロ顔」の意味、わかります? イマドキ女子のトレンドを30~50代男性に聞いてみた

「日本初上陸」と聞けば、4時間待ちの行列なんてのもザラ。ブームに流されがちなのが我々日本人だ。しかし、数あるニッチなブームのことはどこまで知っているのか? 認知度を調査すべく、新橋・大手町で30~50代のサラリーマン193人に街頭アンケートを実施した!

イマドキ女子のトレンド


【おフェロ顔】

イガリメイク

人気ヘアメイク・イガリシノブ初のメイクブック『イガリメイク、しちゃう?』より

 “おしゃれ×フェロモン”を組み合わせた造語「おフェロ顔」。ぽってりとした唇やホロ酔いでほてったようなチークを特徴とするメイクのことだ。おフェロ顔の女性は「おフェロ女子」とも呼ばれる。

 ヘアメイクアーティストのイガリシノブの提唱する「イガリメイク」などがもとで、女性ファッション誌『ar』(主婦と生活社)が世に広めた。

ar アンケートでは、男性陣の認知度は11.4%。予想どおり(?)「なんかやらしい意味ですか!?」と妄想が膨らむ人も。中に入った水でラメが動く「アクアリウムネイル」が3.9%、目の縁を赤くする「うさぎ目メイク」が4.5%と低いことからすれば、おフェロ顔の1割強の認知度はすごい。

 ただ、大手町のOLにも聞いたところ、認知度はそれぞれ40%以下とやや低め。最新メイクに敏感な層は、10~20代前半の女子が中心なのかもしれない。

★おフェロ顔:認知度11.4%

次のページ 
ガウチョパンツやスカンツって?

1
2
イガリメイク、しちゃう?

人気ヘアメイク・イガリシノブ初のメイクブック。「やばめかわいめ」史上最強、ラブボルテージがアガる本!




おすすめ記事