単なる悪ふざけではない!インドのゴッドハンド“ババセン”の日本語実況付き動画は見どころ満載【PR】

 世界では知る人ぞ知る、インドのゴッドハンド・ババセン氏の実況解説付き動画が登場していることはご存じだろうか?



 インドで理髪店を営むババセン氏は、独特の動きで繰り広げられるヘッドマッサージが好評で、英語圏を中心に世界中で話題沸騰。実際にインドまでババセン氏の秘技を受けにいく人が続出し、YouTubeには日本人の体験者の動画もアップされ反響を呼んでいる。

 ババセン氏は、インド北西部のプシュカール州で3代続く理髪店を営んでおり、そのヘッドマッサージは「コズミックマッサージ」と呼ばれている。本名は「ソハン ラル」なのだが、周囲の人たちからは、敬意を込めてニックネームのセンに、尊敬するという意味のババをつけて、ババセンと呼ばれているそうだ。ちなみにインドは、古くからヘッドマッサージが盛んに行われ、病院やホテルなどでも施術を受けることができるなど、ヘッドマッサージが生活の一部として根づいている、いわゆるヘッドマッサージ大国でもある。

単なる悪ふざけではない!インドのゴッドハンド“ババセン”の日本語実況付き動画は見どころ満載【PR】

突然、空中をつかむような動作を見せるババセン氏

 動画を見てもわかるように、ババセン氏のヘッドマッサージは、とにかく動きが独特で素早い。マッサージ中に突然、空中をつかみ、まるで何かパワーを呼び込んでいるような動きをしてみたり、息を吐きながら何かを唱えたり(?)しながら施術される。独特な動きは笑いを誘わずにはいられないのだが、ババセン氏当人はいたって真剣。マッサージを受けている人も、本当に気持ちよさそうだ。ババセン氏のゴッドハンドで「コズミックマッサージ」を受けると、頭皮が柔らかくなるのだという。

単なる悪ふざけではない!インドのゴッドハンド“ババセン”の日本語実況付き動画は見どころ満載【PR】

プシュカル湖のほとりで精神を集中しているババセン氏

 これまで、日本人も含めて世界各国の人々がババセン氏のもとを訪れ、「コズミックマッサージ」の施術風景を撮影してはYouTubeにアップしてきたが、本格的な日本語の解説付きの動画は今回が初めて。「さあ~、頭皮に触れました。今日最初のコンタクト」、「これは宇宙とつながっているという説が有力です」、「まるで流れ星のように連発してますね~」、「薄毛にさせるもんかというアツい思いが伝わてきます」など、ババセン氏の動きに合わせたテンポがいい実況解説は、さながらプロレス中継のよう。とはいえこれだけ見ていると、やはり悪ふざけしているようにしか見えないのだが、今回はさらに世界初でババセン氏の独占インタビューの模様もアップされている。そこには、ババセン氏が理髪店を営むインド北西部の街並みとともに、信仰心が厚いババセン氏の「コズミックマッサージ」に対する思いが、静かにそして熱く語られている。

「私が行う『コズミックマッサージ』は、全宇宙からもらったエネルギーをお客様の頭に吹き込むというものです。このマッサージはお客様の心を楽にし、頭皮を柔らかくします。このエネルギーを授かるために毎日ヨガを欠かせませんし、プシュカル湖のほとりで約2時間、精神を集中させているのです」(ババセン氏)

 この「コズミックマッサージ」の施術は1日5人まで。それ以上は、体がもたないらしい。



単なる悪ふざけではない!インドのゴッドハンド“ババセン”の日本語実況付き動画は見どころ満載【PR】 今回、ライオン株式会社の新キャンペーンイメージキャラクターに起用されたことで、コラボが実現し、本人解説付き動画が作られた。さらに、キャンペーン開始に合わせて、TVCMも放映されるようだ。ババセン氏の「カタイとヤバーイ!」というメッセージとコミカルなマッサージ術は記憶に残る。ゴッドハンドの秘技を受けるためにインドを訪れるのが難しい人は、こちらで頭皮を柔らかくする努力を試みてはどうだろうか? <文/日刊SPA!取材班>

●ライオン株式会社:「ババセンの魅力たっぷり!『カタイとヤバーイ!』」特設サイト

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中