雑学

「運の流れを変えなければ」――46歳のバツイチおじさんはカジノに活路を見出そうとした【第20話】

46歳のバツイチおじさんによるノンフィクション巨編「世界一周花嫁探しの旅」、今回の滞在地は4か国目ベトナム・ホーチミンです。前回、26歳のゆみさん(本人の希望により仮名)を追いかけてホーチミンへたどりつくもうまく距離を詰めることができず、まさかの食中毒に陥り自滅したバツイチおじさん。果たして、バツイチおじさんは心身ともに復活することができるのか? 瀕死おじさんのズンドコ珍道中、今週は生死の境をさまよった「窓のない部屋」からスタートです!

「運の流れを変えなければ」――46歳のバツイチおじさんはカジノに活路を見出そうとした英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅」【第20話 病み上がりの夜空に】

ゆみさんへの恋心を確かめるためにやってきたベトナム・ホーチミン。しかし、結果としてホーチミンで放置されたあげく、食中毒で動けなくなった。結局、俺が自滅しただけの話だ。そのまま飲まず食わずで4日目。なんとか水が飲めるようになった。

「何かを食べないと命がやばい」

そう感じ、重い身体を引きずりながらホテルの外に出た。
久しぶりに太陽の光を浴びる。
ビルの隙間から見る空はドス黒い青さだった。
こんな時、離婚をしていなければ妻がお粥を作ってくれただろう。
しかし、ここはベトナム・ホーチミン。そんなものがあるはずもない。
弱った内臓に良さそうな食べ物をバックパッカーの集まる安宿街で探した。
ベトナム料理はほとんどおいしいし、ハズレがない。
しかし、自分でも初めての、変な感覚が襲ってきた。

「食べ物が怖い」

現地の人が食事をしている姿や、決して綺麗とは言えないお椀で水を飲んでいる姿を見たら、急に恐ろしくなってしまった。欧米人が食べているベトナム料理を見ても同じだ。人間の防衛本能とは恐ろしい。

「運の流れを変えなければ」――46歳のバツイチおじさんはカジノに活路を見出そうとした「運の流れを変えなければ」――46歳のバツイチおじさんはカジノに活路を見出そうとした「それでも、何かを食べないとやばい」

自分にそう言い聞かせ、安全そうなご飯を探し回ったあげく、結局選んだのは「バーガーキング」だった。
バンコクのカオサン通りを始め、アジアの国々を旅して思ったのは、バーガーキングがある辺りはだいたい栄えていて、白人が多い。そして少しお洒落な場所にある。
ホーチミンのローカルな店よりは少しは安全だろうと思い、バーガーキングでワッパーを注文した。
いつもなら大好きなのに、今はそのハンバーガーすら大きすぎると感じる。

「運の流れを変えなければ」――46歳のバツイチおじさんはカジノに活路を見出そうとした以前、フィリピンの「ジョリビー」という大手ハンバーガーショップのコカコーラの氷でお腹を壊した経験があったので、セットのコカコーラは頼まず、外からペットボトルの水を買ってきた。

次のページ 
4日ぶりのご飯

1
2
3
4
5
6
7





おすすめ記事