エンタメ

[美女コスプレイヤー&コンパニオン画像集]ワンダーフェスティバル2016冬

 海洋堂が主催する世界最大級の造形の祭典「ワンダーフェスティバル2016冬」(通称:ワンフェス)が、2月7日、千葉・幕張メッセにて開催されている。ワンフェスは、冬と夏の年に2回開催される日本最大のガレージキットコンベンションで、企業ブースだけでなく、個人による造形物の展示・即売、プロディーラーの新作や限定品などが並ぶのも魅力のひとつだ。

ワンダーフェスティバル2016[冬] 2015年は冬、夏の開催ともに5万人の大台を突破し、今年も5万5000人以上の来場者が見込まれている。昨年、一昨年と雨天が続いたものの、今年は快晴で気温も心地よい寒さに。昨年のTVアニメ放送やゲームで人気の『艦隊これくしょん -艦これ-』などアニメキャラクターのフィギュア展示をはじめ、会場内では同時多発的にトークショーやライブが繰り広げられ、来場者を楽しませていた。人気のフィギュアともなれば会場には長蛇の列ができ、屋外の広場では有名コスプレイヤーの撮影に30人以上のカメコが並んでいる光景も広がっていた。

ワンダーフェスティバル2016[冬] 3Dプリンターを使用して製作された等身大フィギュアや、コンピュータの指示で動くモーションフィギュア、そしてコスプレを楽しむ外国人や男女の姿も。等身大の戦闘機のフィギュアには、囲むようにして子どもから大人までが集まりじっくりと見入っていた。外国人観光客の増加にともない、これから日本が誇る造形文化としてますます注目を集めるかもしれない。

ワンダーフェスティバル2016[冬] 今回は、場内に花を添えるコスプレイヤーの魅力を写真とともにお届けする。コスプレと言えど細部へのこだわりはまさに“職人芸”。2月初旬でも、肌の露出が多いコスプレを屋外で披露する心意気に、感心しっぱなしの一日だった。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1047775

●ワンダーフェスティバル2016[冬]公式サイト http://wf.kaiyodo.net/

<取材・文・撮影/北村篤裕>




おすすめ記事