スポーツ

長編ドラマはいつもto be continued――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第85回

ロイヤルラ ンブル89

ホーガンとサベージとエリザベスの“恋のトライアングル”はいつもto be continued状態。サベージのパントマイムに観客は一喜一憂。(写真は「ロイヤルラ ンブル89」オフィシャル・ビデオのジャケット)

 1989年のWWEの長編ドラマは、1月のスーパーイベント“ロイヤルランブル”で幕を開けた(1989年1月15日=テキサス州ヒューストン、ザ・サミット)。

 前年1月に開催された“ロイヤルランブル”第1回大会はUSAネットワーク(ケーブルTV)での特番だったが、この年の同イベントはPPV放映。春の“レッスルマニア”、夏の“サマースラム”、11月の“サバイバー・シリーズ”と併せ、WWEの年間スケジュールの大きな柱となる4大PPVシフトがこのときに整った。

 長編ドラマのテーマはもちろんハルク・ホーガン、“マッチョマン”ランディ・サベージ、エリザベスの3人を主役とした“恋のトライアングル”。この時代は公私ともにいわゆるマイホーム主義で知られていたホーガンが、テレビの画面のなかでは真顔で恋愛ストーリーを演じていたという事実はいまとなっては不思議な感じがする。

 “ロイヤルランブル”のルールは、現在と同じ30選手出場の時間差式変則バトルロイヤル(オーバー・ザ・トップロープ方式)。クジびきによるエントリー番号の抽選がおこなわれ、この大会ではデモリッションのアックスとスマッシュが“1番”と“2番”のクジを引き当て、タッグパートナー同士が闘うというおもしろい現象が起きた。

次のページ 
出場メンバーをみていると…

1
2
3


ハッシュタグ




おすすめ記事