スポーツ

“新発売”アルティメット・ウォリアー――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第84回

WWEオフィシャル・マガジン

アルティメット・ウォリアーは隔離され、保護され、加工され、プロデュースされた スーパースターだった。(写真は「WWEオフィシャル・マガジン」表紙より)

 アルティメット・ウォリアーは隔離され、保護され、加工されてメインイベンターのポジションを与えられたスーパースターだった。

 ウォリアー(本名ジム・ヘルウィグ)は1985年11月、“相棒”スティング(本名スティーブ・ボーデン)とのタッグチーム、フリーダム・ファイターズとしてテネシー(ジェリー・ジャレット派)でデビューした。

 その後、このルーキー・コンビはチーム名をブレード・ランナーズと改め、ルイジアナのMSWA地区(ミッドサウス・レスリング・アソシエーション=ビル・ワット代表)に転戦したが、ここでふたりはチームを解散した。

 ウォリアーとスティングがあのままタッグチームとしての活動をつづけていたとしたら、1980年代後半から1990年代にかけてのアメリカのレスリング・シーンは大きく変わっていたかもしれない。このあたりは歴史上の“if”ということになるのだろう。

 パートナーのスティングは、MSWA―UWF(ユニバーサル・レスリング・フェデレーション=MSWAから団体名を改称)に残留し、ルーキー時代のリック・スタイナーとタッグチームを結成。UWFがNWAクロケット・プロに吸収合併されるとNWAクロケット・プロと再契約を交わし、NWAクロケット・プロがターナー・グループに買収(1988年11月)されると、こんどは新団体WCW(ワールド・チャンピオンシップ・レスリング)所属となった。

次のページ 
ウォリアーは、ディンゴ・ウォリアーの新リングネームで…

1
2
3





おすすめ記事