ニュース

乱交パーティーに覚せい剤の売買、美人主婦の裏の顔

【周囲の証言集】
被害拡大中!「男を陥れる女」は意外にも身近にいた!


派遣OLの結婚詐欺、乱交パーティを主催する主婦、園児の父親を寝取る保育士etc. 欲望のため昼の顔を隠す女の悪事を、同僚、友人たちが暴露!

<証言2>
主婦という仮面をかぶって、己の欲を満たすために日々まい進


 主婦の磯山京子さん(仮名・29歳)は、良妻賢母で有名なママ友達のダークな噂を耳にしたという。

「美人でスタイルも抜群。まさに理想のママ像といった感じの女性なんですが、実は夫婦でデリヘルを経営してるらしいんです。基本的には裏方を任されてるけれど、人手が足りないときは自らデリヘル嬢をこなすこともあるそうで……。いくら稼ぐためとはいえ、平凡な主婦の私はドン引きです」 

 同じく小山美紀さん(仮名・30歳)の主婦仲間も、隠微な裏の顔を持っている。

「清楚な若妻という風情の彼女に明かされたのは、風俗嬢だった過去。結婚後もいろんな男とセックスする快楽が忘れられず、最近はSNSを通じて乱交パーティーを開催してるそうなんです。時間がないときは、出会い系に『今すぐ満足させてくれる男性募集』とカキコミし、公園や車の中で行為に及ぶというから驚きですよ!」

 この女性、ネットの履歴は逐一削除し、普段は地味に過ごすなど、旦那バレ対策には必死なんだとか。主婦でありながら、そうまでしても蜜の味を貪り続けたいとは……。

 さらに、坂本美保さん(仮名・32歳)の友人は、主婦とは思えない転落人生を密かに歩んでいるという。

「藤原紀香似のこの友人は、その美貌が実業家に見初められ結婚。でも彼女、実は関西では名の知れた元ヤンで、ヤクザとなった元彼に玉の輿に乗ったことを知られちゃったんです。元彼は巧みに彼女に歩み寄ると、クスリを使って肉体関係を持ち、『過去をバラす』と脅迫してきて……。今や、セレブパーティに顔を出すことを利用され、覚せい剤の売買まで手伝わされる始末。もう見てられませんよ」

 セレブ主婦の座を死守するために、さらに堕ちていくという、まさに魔のスパイラル。それにしても、美人主婦とは大人しく家庭に収まれない宿命なのだろうか?

― マジで怖い[美女の裏の顔]白書【8】 ―




おすすめ記事