恋愛・結婚

職場でモテる一言

職場,モテ普段の仕事仲間から、気になる存在に変わる、オフィスでのひと言とは? 編集部が集めたフレーズを基にアンケートを実施し、厳選したモテ名言を紹介していく。

 まず、上司に言われてドキッとした一言の第1位は「この提案は彼女からですから」。「しれっと自分の成果のように発表してしまう上司も多いなか、誠実な態度をとれる上司にクラッとする」(27歳・広告)、「部下を立てられる人は信頼できる」(25歳・IT)。次いで、2位の「お前みたいな部下がいてよかった」という激励の一言には「自分への信頼を感じる」(25歳・印刷)のだとか。第3位の「本当に助かった。ありがとう」は、当たり前すぎる気もするが「口に出してありがとうと言ってくれる人って、実は驚くほど少ない。きちんとありがとうと言ってくれる人はそれだけで素敵」(26歳・教育)だという。SNSで「イイネ!」を押すくらいの感覚で、連発してみてもいいかもしれない。反対に、慰労のつもりの「今度埋め合わせするから」は、「何でおっさんと飲みに行くことが“埋め合わせ”になるのか。苦痛」(26歳・食品)と大不評なので要注意。

 お次は、同僚女性にモテる名言。ダントツ1位のひと言は「気が回るよね。ありがとう」。「素直に一緒に自分も頑張りたい気分になる」(25歳・出版)。そして2位と3位には「お前が辞めたら困る!」と「××さんがいるから頑張れるわ」がランクイン。「グチってるときにこのひと言を言われたらキュンとする」(24歳・IT)、「相手が自分を必要としていることに感動!」(28歳・製造)など。対等な目線での連帯感を強調して好感度アップを狙うのが吉のよう。

 一方のNGワードは、「あれ、何か今日かわいいね」など露骨な褒め言葉。「ストーカーみたい」(28歳・服飾)とキモがられる。

 続いて、先輩女性にモテる名言1位は「××さんが社内で一番話しやすいかもしれないです」。「『かもしれない』というぎこちない距離感がイイ!」(35歳・服飾)などと高評価。3位には「(現場に)いてもらえるだけでいいです!」。プレゼンや会議への立ち会いを懇願する一言だが「会議で聞くと自然な一言だけど、『普通にこんなこと言われたら……』と考えるとドキッとする」(27歳・製造)など。「年下」ということでやや過激な言葉もOKなのだ。

 関係性によらず共通しているのは、「××さん」と、話す際に相手の名前を繰り返すこと。会社というオフィシャルな場所ながら「自分だけに向けられた言葉」と意識しやすいので好感触。また、会社で女性が喜ぶのは、女として褒められることではなく「仕事面で自分が評価されること」。それさえ踏まえれば、馬鹿みたいに「ありがとう」を繰り返しているだけで好印象を抱いてもらえると思えば、絶好の漁場なのかも。

― 女が判定![男のモテ名言]テンプレ集【3】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事