デジタル

スマホでは物足りない 動画を撮るならやっぱりビデオカメラだ

【PLAYFULL ウォータープルーフ ポケットビデオカメラ<Ze2>】


コダックからアウトドアで気軽に使えるコンパクトなビデオカメラ「PLAYFULL ウォータープルーフ ポケットビデオカメラ<Ze2>」が発売された。海中でも使える防水機能を備え、ゴルフやスイミングを楽しみながら動画を撮影できる。サイズはW55×D13.2×H93.3mm、重量は約85gとコンパクト。筆者はあまりアウトドアには行かないが、興味を引かれたので物欲刺激度をチェックしてみる

PLAYFULL ウォータープルーフ ポケットビデオカメラ<Ze2> コダック◆最高クラスの防水・防塵・耐衝撃性能を備えた逸品!

 ペットや子供の様子を記録したり、出先で面白いシチュエーションに遭遇したときには、写真よりも動画で残したいもの。音声も入るし、あとからの楽しみが段違いだ。とはいえ今や、ケータイやスマホに付いているカメラで手軽に撮れる時代なので、わざわざビデオカメラなんて不要と考えている人は多いだろう。しかしケータイやスマホだと、撮影開始時に音が鳴るし、バッテリーを勢いよく消費する。加えて、動画のファイルサイズは大きいためストレージを圧迫してしまうし、そもそも空き容量が少なければ録画できないことも。しかも、防水・防塵機能を備えた端末は少なく、通常の機種ではアウトドアでの撮影に不安がある。動画をたくさん撮るなら、やっぱりビデオカメラが欲しいところだ。

PLAYFULL ウォータープルーフ ポケットビデオカメラ<Ze2>

底面のカバーを開くとUSB2.0端子が現れ、パソコン に手軽に接続できる。その他、micro HDMI端子や AV出力端子も搭載している

 本格的な高画質を求めるなら「ハンディカム」のようなタイプが必要だが、そこまでこだわるわけではないし、常に持ち歩きたいというならコンパクトなほうがいい。そんな人にピッタリなのが、コダックの「PLAYFULL ウォータープルーフ ポケットビデオカメラ<Ze2>」だ。サイズはクレジットカードよりもやや大きいくらい。しかも防水機能はIPX8、防塵性能はIP6Xに準拠。ともに最高クラスだ。1.5mの耐衝撃性能も備えており、米国国防軍用規格MIL―STD―810Fに準拠しているというタフネスぶりだ。水深3mまで使えるのでプールやサーフィン、シュノーケリングなどで利用できる。飼っている熱帯魚を水槽で撮影することも可能。砂浜で使っても問題なし。日差しが強い屋外でも、「反射防止」モードを使えば画面を見やすくできる。

 動画は最大32GBまでのSD/SDHCカードに保存でき、ファイル形式はMP4(H・264)。映像サイズは720P(1280×720ドット)だ。価格は約1万3000円とお手頃なので、動画撮影の普段使いに最適。ペットの撮影用に欲しくなってきた。

◆ ITライター柳谷智宣の物欲刺激度 2.5/3

最近、犬を飼うようになったので、動画の撮影熱が急上昇している

■ 編集担当Kの物欲刺激度 3/3

世界最大の家電見本市CESで「2012 DESIGN and Engineering Awards」を受賞した逸品。「ナチュラル」「モノクロ」「’70年代映画風」など演出効果を楽しめるエフェクトモードを搭載しており、本体画面でビデオ編集も行えるのはGood。Myスマホのカメラの使い勝手が悪いので、これは欲しい!




おすすめ記事