デジタル

iPhoneの背面をトントンすると何ができる? iOS14背面タップ機能使いこなし術

 9月17日からiOS14が提供され、新機能の追加や機能改善が行われた。なかでも筆者がうれしかったのは背面タップ機能だ。なんと、画面でなく、iPhoneの背面をダブルタップしたり、トリプルタップして操作が可能になったのだ。

〇マークの代わりが背面タップでできるように!

 従来も、画面上に白い○マークを常時表示し、タップすることで指定動作を実行する「AssistuveTouch」という機能があった。筆者は毎日、大量の画面を撮るので「AssistuveTouch」にスクリーンショット機能を割り当てていたのだ。
iPhone

これまでは「AssistuveTouch」機能でスクリーンショットを撮っていた

 ○マークをタップするだけでスクリーンショットを撮れるのは便利なのだが、ゲーム中にヒートアップして触れてしまうと、一瞬操作できなくなり、対戦に負けてしまうということも起きていた。  そんな悩みも、新機能の背面タップで解消する。「AssistuveTouch」をオフにして、背面のダブルタップでスクリーンショットを撮れるようにできるのだ。もちろん、スクリーンショット以外にも、さまざまな動作を選択することもできる。

iPhone背面トントンの設定方法は?

 まずは「設定」から「アクセシビリティ」を開き、「タッチ」→「背面タップ」をオンにする。「AssistuveTouch」を使っていたなら、「タッチ」からオフにしておいてもいいだろう。
iOS14

「設定」から「アクセシビリティ」→「タッチ」をタップする

iOS14

下にスクロールして「背面タップ」をオンにする

 背面タップ機能は、ダブルタップとトリプルタップの2パターンを設定できる。まずは頻繁に操作する動作を、簡単に起動できるダブルタップに割り当てよう。「ダブルタップ」を選択すると、多数の動作が表示される。
iOS14

「ダブルタップ」を選択する

 アプリ切り替えモードにするのが面倒なら「Appスイッチャー」を設定すればいい。画面上部から下にスライドするとコントロールセンターを表示できるが、片手操作中だと開くのが難しい。そんなときは、「コントロールセンター」を割り当てておけばいい。 「画面ロック」や「消音」も選べる。怪しいサイトを見ているときに人の気配を察知した際、慌てて操作するのは怪しさ満点だが、すました顔で背面タップすればスマートに隠蔽できるかもしれない。  ホームボタンのないiPhone X以降で、どうしても画面下から上にスライドするのが苦手、というなら「ホーム」を割り当てれば解決する。Wi-Fiをオフにする機能も用意されている。
iOS14

動作を選択する

次のページ
背面タップのやり方は?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事