仕事

あえて東京郊外に住むなら、どっちが幸せ?「狭くても都心に近い物件 VS 遠くても広めの物件」

 とはいえ、予算が限られる人や、子供が多い人など、どうしても東京郊外に居を構えざるを得ないこともあるだろう。そんなとき、郊外でオススメできるエリアは? 「勤務先にアクセスしやすいという視点だけでなく、将来売ることや貸すことも想定して都心へのアクセスが比較的よいこと、昔から陸地であるなど標高が高く地盤が安定していて安全性が高いこと、山を切り開いたり海を埋め立ててゼロから作った街ではなく、古くから人が住むエリアであること、学校や買い物施設の数などを総合的に考えて選ぶとよいと思います。例えば中央線・三鷹駅、京王線・調布駅、西武池袋線なら石神井公園駅などがあてはまります」  オススメできないエリアは? 都内近郊エリアの不動産営業マン・A氏が明かす。 「高度経済成長期に、今までに何もなかったところを開発したような、多摩センター(東京都多摩市)や高島平(東京都板橋区)など。高齢化が進み、今後どんどん空き家が増え活気がなくなっていく可能性が予想されます。商業施設の撤退、治安の悪化、物件価格の下落リスクを考えたら避けるのが賢明。安全面では東日本大震災時に地盤沈下が問題になった浦安(千葉県)、液状化が予想される埋め立てエリア、荒川下流域の海抜ゼロメートル地帯も危険です」
次のページ 
実際に住んでいる人の状況は?
1
2
3
週刊SPA!1/31号(1/24発売)

表紙の人/ 広瀬アリス

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事