エンタメ

エビ中・松野莉奈が急逝「気遣い出来る良い子だった」取材記者が語る

 2017年2月8日、突然の訃報が飛び込んできた。ももいろクローバーZの妹分グループとして、飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍していた私立恵比寿中学(通称:エビ中)のメンバー松野莉奈さんが亡くなった。18歳という若さだ。

私立恵比寿中学

私立恵比寿中学

 昨日大阪で開催された『港カヲル 人間生活46周年コンサート ~演奏・グループ魂~』に私立恵比寿中学として出演予定だったが、体調不良で松野莉奈さんは欠席していた。そしてその翌日にあたる今日の早朝、体調が急変。帰らぬ人となった。

 松野莉奈さんは私立恵比寿中学メンバーとして、ステージで歌って踊る活動と共に、雑誌『LARME』でのモデル活動や映画出演など、幅広い活動をしており、まさにこれからのさらなる活躍に期待を膨らませていた中での訃報だった。

松野莉奈さん

松野莉奈さん

 2014年の日刊SPA!で私立恵比寿中学にインタビューした際には、『悩みがあって落ち込んだ時や疲れた時にやってみるストレス解消法』というお題に答えてもらったが、そのとき松野莉奈さんは

「『ラブライブ!』ですかね。いま、エビ中で流行しているんです! スマホ向けのリズムゲームなんですが、アイドルテイストも満載なので、どんどんハマっちゃいます! これをやってたら、イヤなことなんて忘れちゃいますよ」

 と語っていた。当日の様子を知る記者は当時の印象をこう語る。

「私立恵比寿中学のメンバーはみんなとにかく礼儀が正しいんですが、その中でも一際礼儀正しい子だなというのが、最初の印象でした。とても端正な顔立ちでありながら、天真爛漫で。インタビュー中も『こんな話でも大丈夫ですか?』とこちらに気遣ってくれたり。メンバーのみんなと仲良しの部活みたいな雰囲気で、ワイワイキャッキャしていたのを見ていたので、今回の訃報はとても残念でなりません。」

 18歳という若さでの突然の訃報。ファンはもちろんのこと、芸能界にも衝撃が走った一日だった。

 ご遺族の皆様ならびに関係者ご一同様に、心からお悔やみ申し上げます。

<取材・文/DDマツ 撮影/西田シューヘイ>




おすすめ記事