雑学

「セックスレスからの脱出」甘くて生々しい体臭が私を目覚めさせた――爪切男のタクシー×ハンター【第二十八話】

 終電がとうにない深夜の街で、サラリーマン・爪切男は日々タクシーをハントしていた。渋谷から自宅までの乗車時間はおよそ30分――さまざまなタクシー運転手との出会いと別れを繰り返し、密室での刹那のやりとりから学んだことを綴っていきます。

【第二十八話】ではまだ初心者さんですね。変態若葉マークです。

 愛する女が臭いのだ。

 同棲をしている彼女がお風呂に入らなくなった。入る頻度は三、四日に一回ほど。本人としては週に一回ぐらいが理想らしい。もともとお風呂が苦手で、三十秒も湯船に浸かっていられない子だったので驚きはなかった。病気療養のために無職となった今、他人と会う機会がグンと少なくなったので、お風呂に入る必要性が無くなったというわけだ。家計的にはガス代と水道代の節約にはなるが、彼女の健康面が心配だったので、説得を試みた。

「短い時間でもいいから、毎日お風呂に入りなさいよ」
「ごめん、無理」
「……なんで」
「……面倒臭い」
「そりゃそうだけどさ」
「私が臭いの嫌?」
「いや、臭いのは大丈夫だけど、お風呂入んないと疲れが取れないし、身体に悪いよ」
「私、毎日寝てるだけだもん、疲れないもん」
「お風呂なんてすぐ入れるんだからさ。ね? 入ろ?」
「私にとってね……お風呂って……近いようでとても遠い場所なの」
「……ふるさとかよ」

 説得は失敗に終わった。

 お風呂に入らなくなった彼女は、髪はベタベタ、身体からは鼻にツンとくる体臭が常にしているような状態になった。一般的に不快を感じる匂いかと言われたら、それは不快な匂いなんだろうが、不思議と嫌な気持ちにはならなかった。好きな人の匂いなら我慢できるというやつか。しつこく入浴を勧めても喧嘩になるだけなので、彼女はお風呂に入らない部族の出であり、これは彼女の文化なのだと受け止めて何も言わなかった。異文化交流だと思い込めば、世の中の大概のことは我慢できる。

⇒当連載を大幅加筆修正のうえ書籍化した『死にたい夜にかぎって』が発売中

文/爪 切男’79年生まれ。会社員。ブログ「小野真弓と今年中にラウンドワンに行きたい」が人気。犬が好き。 https://twitter.com/tsumekiriman

イラスト/ポテチ光秀’85年生まれ。漫画家。「オモコロ」で「有刺鉄線ミカワ」など連載中。鳥が好き。 https://twitter.com/pote_mitsu

死にたい夜にかぎって

もの悲しくもユーモア溢れる文体で実体験を綴る“野良の偉才”、己の辱を晒してついにデビュー!

⇒立ち読みはコチラ http://fusosha.tameshiyo.me/9784594078980




おすすめ記事