ニュース

「新宿には女性が落ち着ける場所がまだ少ない」都内一等地にツタヤが新業態のビルを作った理由

 長らくリニューアル工事中だった東京・新宿通り沿いの「新宿ツタヤビル」。都内有数のCD・DVD在庫をほこる人気店だった新宿TSUTAYAと、スターバックスとTSUTAYAが提携した「ブック&カフェ」がそれぞれ閉店してしまったことに、利用者の惜しむ声も多かった。

新宿ミニムビル01

11月1日リニューアルオープンした新宿ミニムビル

 そんな「新宿ツタヤビル」だったが、なんと2017年11月1日、「TSUTAYA BOOK APARTMENT」などが入居する「新宿ミニムビル」としてリニューアルオープンした。かつてのDVDレンタル機能はすでに歌舞伎町に移転してある。

TSUTAYAの新業態としてオープン


 同店のスタッフは「こちらの店舗は、利用者が24時間いつでもご利用いただける本を軸としたくつろぎの空間と、ワーキングスペースをコンセプトとしたBOOK&CAFÉや、またリラックスできるパブリックスペースを備えたTSUTAYAの新業態としてオープンした」と語る。

 地下1階、地上9階建ての同ビル。飲食店やドラッグストアも入居しているが、注目は何と言っても「TSUTAYA BOOK APARTMENT」や「Book Lounge」などが入居する2~6階のフロア。さっそく各フロアの特色を見ていこう。

新宿ミニムビル02

新宿ミニムビルフロアガイド

4階はシャワー付きコワーキングスペース!


 まず3階にはスターバックスの店舗があり、隣接する2~4階には「Book Lounge」がオープン。スタバ利用者が自由にくつろぐことができる。また、フロア内には洋雑誌や書籍が置かれており、自由に手にとって読むことができる。ソファやテーブルの大きさもさまざまで、くつろげるだけでなく、目でも楽しめそうだ。

 4~6階には「TSUTAYA BOOK APARTMENT」がオープン。話題の書籍が購入できるほか、フロアごとに独特のくつろぎ空間が設けられている。

新宿ミニムビル03

4階フロントでは書籍も購入できる

 4階にあるのはフロントと、仕事や学校帰りにも寄れる「コワーキングスペース」。フロントでは、料金プランやオプションなどの確認ができるほか、各フロアのカードキーなど必要備品を受け取れる。

新宿ミニムビル03

4階コワーキングスペースには、デスクトップやコーヒーの無料サービスも

 また、コワーキングスペースにはデスクトップPCや作業机、ソファがあり、デスクワークができる。

新宿ミニムビル04

思わず横になってくつろぎたくなる大きなソファー!

 また、各フロアにはフリーWi-Fiが飛んでおり、SSIDとパスワードさえ入力すればすぐに使える。

次のページ 
TSUTAYA広報「新宿には女性が落ち着ける場所がまだ少ない」

1
2





おすすめ記事