エンタメ

伝説的名盤が発売50周年! ビートルズはなぜ長年愛されるのか、レコード会社担当に聞いてみた

 ポピュラー音楽の歴史を振り返って、最も重要なアルバムを挙げるとしたら何が思い浮かぶだろうか?

 おそらく洋楽に詳しい人なら、音楽雑誌『ローリング・ストーン』が「マルチトラック使用などによる革新的な音楽表現を生み出し、ミュージシャン、パイオニア、ポップ・スターとしての資質を兼ね備えたビートルズが残した全ての作品の中でも最高の仕事」という最大級の賛辞を呈して、「偉大なアルバム500選」第1位に選出した、’67年のオリジナルアルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』を真っ先に思い浮かべるだろう。

 つい先日、来日公演のあったポール・マッカトニーが収録曲の「ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト」を演奏したことも記憶に新しいが、本作はグラミー賞で最優秀アルバム賞を含む4部門を獲得。イギリスのチャートでは27週連続で1位の座にとどまり、連続148週チャートにランクインするなど、まさに名盤中の名盤だ。

 リリースから50年目を迎える今年、同作の50周年記念エディションがリリースされる。時を経ても色あせないその魅力や制作の裏話を、ユニバーサルミュージック制作本部主任の多田行德氏に話を聞いた。

――まずは今回の50周年記念エディションはこれまでとどこが違うのでしょうか?

「今回、記念エディションには新しいステレオ・ミックスが収録されています。当時のアルバムで、ビートルズのメンバーはモノラルのミックスにしか立ち会っていなかったそうです。ステレオのミックスのときは、『マジカル・ミステリー・ツアー』(’67年公開)の撮影が入っていたため、スタッフに任せっきりになったそうです。

 今回の取り組みは、現在の最新技術を使って、当時メンバーが好んでいたモノラル・ミックスを参考にして新しいステレオ・ミックスに生まれ変わらせることで、モノラルのように前に出てくるパワーがある音でありながら、楽器がバランスよく配置された状態を目指しました」

ユニバーサルミュージック、多田氏

――2CDやスーパー・デラックスには未発表だった音源も収録されています。

「もうひとつの聴き所としては、レコーディングのデモ音源が収録されていて、『ストロベリー・フィールズ・フォーエバー』などの新たな未発表音源も入っています。発表された楽曲が誕生するまでに、メンバーがどういう制作過程をたどったのか、実際に耳で聴いて知ることができます。

 また、これまで未発売だったドキュメンタリー映画も収録されています。DVD、ブルーレイには5.1chが、さらにブルーレイにはハイレゾオーディオも収録されているというように、あらゆるフォーマットで、とにかく音を楽しめるようになっています」

次のページ 
ジョンとポールのコラボレーションの妙

1
2




おすすめ記事