マネー

勇気を持って言いたい! 優待目的で株を買うなんて愚かです!<株式投資家・藤川里絵>

まともな就職経験なし。おまけに数字オンチのシングルマザーが、株式投資を始めて7年間、年間損益負けなし。著書「月収15万円からの株入門 数字オンチのわたしが5年で資産を10倍にした方法」も好評な藤川里絵氏が、日々四季報を眺めながら感じたことをつづる投資連載

藤川 里絵さん

藤川 里絵

「落とされすぎ高いパンについた」


 先日、ラジオNIKKEIを聞きながら仕事をしていましたら、その日の値下がり率ランキングで以前保有していたアクトコールの名前が聴こえてきました。今は持っていないので値下がりしたところで、痛くもかゆくもないのですが、やはり昔のなじみ、なんかあったのかな? と気になります。

 アクトコールは、暮らしの「困った!」を解決する緊急かけつけサービスをメインに展開する企業。トイレが詰まった! とか、鍵をなくした! などのトラブルが発生すると、電話ひとつで24時間365日いつでも駆けつけてくれます。とくに一人暮らしでこういうトラブルに出会うと、途方に暮れますので、世の中に必要とされる会社ですよね。

 さてこの日、アクトコールの株価は前日から15%も大きく下落しました。よっぽどの悪材料が出たにちがいありません。業績の大幅下方修正か? 不正隠しか? 社長の不倫か?

 ところが、証券会社のニュース記事を検索しても、とくにそれらしきものは出てきません。さんざんネットサーフィンしたところで発見したのが、某ファイナンス系サイトの掲示板。

「落とされすぎ高いパンについた」

 暗号のようななぞの一文が。

 落とされる→権利落ち? 高いパン→優待?

株価急落の原因は、豪華すぎる優待!?


 なるほど。優待の権利落ち日か。優待のしくみをご存知ない方に簡単に説明しますと、優待品は、権利付き最終日という日さえ株を持っていればもらえます。つまり1年中株を保有していなくても、たった1日、その日だけ持っていて次の日に売ってしまっても優待品はもらえます。その次の日を権利落ち日と呼び、優待目的だけで株を買ってた人が一斉に売りに出すので、株価は下がりやすいのです。

 とはいえ、15%も下げるってよっぽど優待目的の人が多いってことです。トラブル解決会社がどんな豪華なパンを優待に??

 四季報の誌面を確認すると、優待の欄には「子会社カフェ優待券など」と書いてあります。カフェなんて洒落たことをやってるのか。さっそくアクトコールのサイトへ飛んで見ると、ありました!

アクトコール子会社カフェ

アクトコール子会社カフェ

パンとエスプレッソと

「部屋とYシャツとわたし」的な?(分かる人には分かるはず)

 いえね。初めて知ったみたいに書きましたけど、じつはわたしよくこのお店の前を通りますの。最近は、事務所の近くに姉妹店ができて、小洒落たパンが売ってるなーと思って気になっておりました。

事務所の近くに姉妹店

事務所の近くに姉妹店

 100株保有でこれら系列のお店で使える優待券2,000円相当分、200株保有で優待券8,000円相当分。

 ちょっと待って。計算おかしくない? 100株で2,000円、200株で4,000円飛び越えて8,000円!? それはいいね! これはおそらくかの優待名人・桐谷大先生も自転車で通われてるにちがいありません。

次のページ 
実際食べてみて考えてみた「優待」

1
2
月収15万円からの株入門 数字オンチのわたしが5年で資産を10倍にした方法

シングルマザーでまともに就職したことがなくて、なおかつ数字オンチでも、お金を増やすチャンスがここにある!





おすすめ記事