マネー

コンサバなお菓子ブランド「モロゾフ」が、洗練されたイメージへ変貌中。株価にも好影響か?

まともな就職経験なし。おまけに数字オンチのシングルマザーが、株式投資を始めて7年間、年間損益負けなし。著書「月収15万円からの株入門 数字オンチのわたしが5年で資産を10倍にした方法」も好評な藤川里絵氏が、日々四季報を眺めながら感じたことをつづる投資連載

藤川里絵

藤川里絵氏

 学生時代、三つ編みでもっさいメガネちゃんだった女の子が、卒業して都会へ進学。久しぶりに会ったら、コンタクトにふんわりパーマヘアで別人のように垢抜けてたって経験、ありませんか? ありますよね?

 じつは企業も、そんなイメージチェンジをすることがあります。垢抜けた元メガネ女子がモテモテ女子に変身するように、企業も地味な印象から脱却し、イメージアップすることで株価もアゲアゲ! というミラクルが起こるのです。

コラボブランドでイメージチェンジしたモロゾフ


 先日、偶然にもそんな変化途中の企業を発見しました! それはわたしのホーム、Twitterでのこと。「シアタープロダクツがモロゾフとコラボして立ち上げたブランド『IN THE SHELL』のチョコレートがカワイイ。ネーミングからしてすでに素敵」という投稿が素敵な写真とともに流れてきました。シアタープロダクツといえば、オシャレピーポー御用達ブランド。けして超メジャー級ではないけれど、かえってそれがブランド価値を高めています。それがあのモロゾフと?

 ほんとすみません。わたしの持ってるモロゾフのイメージって、お正月に田舎の親戚のおばちゃんちに行くと出してくれるちょっとだけよそ行きのお菓子という感じ。ほどよい中流感? (ほんとひどい)それが、シアタープロダクツとコラボ? ちょっとした衝撃です。

 ぜひそのコラボチョコを生で見たい! 食べたい! 即座にググってみたところ、新宿の三越伊勢丹のチョコレート売り場で販売してるとのこと。折しも、その日は2月13日。そう、1年でいちばんチョコレート売り場が戦場と化す日です。なにもそんな日に、自分のためのチョコレートを買いに行かなくてもと思うのですが、そのコラボチョコは、バレンタイン限定商品だったのです! 悩んでるヒマはありません。いざ、戦場へ!

戦場

新宿・三越伊勢丹のチョコレート売り場へ向かう筆者

 圧迫死するほどの激混みを覚悟しておりましたが、平日の午前中だったからか、思ったほどは混んでおりませんでした。それでもモロゾフ×シアタープロダクツの「IN THE SHELL」売り場は大賑わい。数あるチョコレートブランドの中でも、そのビジュアルは際立って洗練されていました。

次のページ 
モロゾフに対する見方が180度変わる!

1
2
月収15万円からの株入門 数字オンチのわたしが5年で資産を10倍にした方法

シングルマザーでまともに就職したことがなくて、なおかつ数字オンチでも、お金を増やすチャンスがここにある!




おすすめ記事