雑学

タワマン住民の見栄っ張り生活。高級ランチにタクシー移動…ローンでカツカツなのに

首都圏では近年、常にどこかのエリアでタワマンが建っており、湾岸エリアにいたっては、どこを見ても大規模な建設現場という状況だ。しかし、今、タワマンの供給過剰が叫ばれ、中国人投資家も投げ売りし始めたという噂も聞こえてくる。一方、住人たちも購入前は予測だにできなかった数々の問題に直面していた――悲劇の現場を徹底リポート!

タワマンの悲劇

都内の湾岸エリアには数多くのタワマンが聳え立っている(写真は東雲エリア)

 江東区有明の新築タワマンに2年前に引っ越したばかりの大野友恵さん(仮名・29歳/主婦)は、住民同士の見栄の張り合いで疲弊している。

「ウチの場合、20人くらい同年代の奥様たちが参加するLINEのグループがあるのですが、そこでたびたびランチ会が企画される。どこのお店がいいか、案を出し合うのですが、みんな貧乏くさいと思われたくないので、高い店ばかり提案する。

 結局、行先はお台場のヒルトンやニッコーホテル、ベイコートクラブなど2000円以上するホテルランチになる。互いに無理をしていることはわかっているのに、誰も『サイゼリヤでいいじゃん』とは言えない」

 かくいう大野さんだが、十分にタワマン社会に毒されているという。大野さんの夫(32歳)の証言。

「自転車がないとどこにも行けない有明では、乗っている電動自転車が格付け対象。妻曰くパナソニック、ブリヂストンは車でいえばベンツやアウディ。妻にはネット通販で買ったノーブランドの安いのを買い与えていたんですが、恥ずかしいから買い直せと懇願された。結局、車を買い替える際にグレードをワンランク落とし、浮かせたお金で13万円以上する、女性誌『VERY』とブリヂストンのコラボ電動自転車を買わされました。

 あと、彼女は豊洲の高級スーパーのアオキに行くといつも袋を余分にもらう。普段、買い物をしている庶民スーパーの文化堂の袋で空き瓶や缶を捨てると、格好がつかないというんですよ……」

 タワマン社会の不毛な見栄の張り合いは、子供の心を蝕んでいる。武蔵小杉在住6年の岡田昭三さん(仮名・44歳/会社員)の話。

「5歳になるウチの子が、保育園の複数の友達に対して『○○くんの家って何階?』と聞いていた。そして、自分より低層に住んでいる子には『ウチは23階!』と勝ち誇ったような顔をし、逆に自分より高層だと『すごい……』と白旗をあげていた。このままここで子育てをしていいのかと、思い悩むようになりました」

 蛯名光一さん(仮名・44歳/会社員)が住む有明と同じ江東区でも、価格帯が高い豊洲になると、自転車に乗ること自体が恥とされているとか。蛯名さんは話す。

「ウチは、豊洲駅から徒歩13分なのですが、見栄っ張りな人はタクシーで外出している。とはいえ、目的地まで行くと高額なので、勝どきや越中島など付近にある別の駅に乗りつけ、そこから電車移動するんです。

 ウチと同じフロアに住む主婦も、お上品な奥様という風情だったけど、錦糸町にあるクリーニング店でアルバイトしているのを偶然、目撃したときはショックでした」

次のページ 
住宅ローンで生活はカツカツ…

1
2





おすすめ記事