マネー

不用品を一番高く買ってくれるのはどこ?中古ゲームで試したら3000円も差が

日常生活で必ず使うことになるあらゆるお金を削減する“守り”の裏技。情報強者が手の内を明かした目からウロコのコストカット術を駆使してお得に生きよう!

買い取り

まずは店舗で買い取り額を調べよう

中古品どこで売る? 3000円以上得な最高値のサイトは?


 フリマアプリに押され、やや勢いのない買い取りサービスだが、煩わしいやり取りや発送の手間なく即カネになるのはやはり魅力。今回は有名ショップからネット上の買い取りサイトまで、取材班が実際に人気ゲームソフト「マリオカート8(元値6100円)」の買い取りを申し込み、最も高く売れる店を調査した。

 まず、ブックオフでのマリオカートの買い取り額は3500円。続いて、現金買い取りで最も高く売れたのは、老舗買い取りの駿河屋。買い取り価格は4400円と、オークションサイトにも負けない額だ。ブックオフより900円高い値がついた。

 しかし、それを上回る買い取りサービスが存在した。それはヤフーとブックオフが提携したカウマエニーク。ヤフーで買い取り商品を選択し、ブックオフへ持ち込みまたは郵送するというシステムのこのサービスは、買い取り金額を現金ではなくTポイントで受け取ることができる。

「さらに、ヤフープレミアム会員かつ5のつく日に買い取り申し込みをした場合はTポイントでの受取額が35%上乗せです」(ライターの山野祐介氏)

 結果、35%が上乗せされ4525ポイントとなり、カウマエニークが駿河屋を超える買い取り額になったのだ!

次のページ 
買い取り金額が振るわなかったのは…

1
2




おすすめ記事