スポーツ

プロ野球ドラフト会議2018、注目選手は? 菊池選手が「即戦力ベストナイン」を決定

 10月25日に開かれる、プロ野球ドラフト会議。各メディアを賑わす「ドラ1候補」の陰に、即戦力となりうる「隠し玉」も多くいる。アマチュア野球界に精通し、ドラフトを知り尽くしたライター・菊池選手が「獲るべき選手」や「大化け選手」を発掘する!

来季使える選手は誰? 即戦力ベストナイン


 今年は社会人に完成度の高い選手が少なく、即戦力は不作傾向。先発型なら松本航(日本体育大)、上茶谷大河(東洋大)に来季先発ローテに食い込むだけの実力がある。社会人は齋藤友貴哉(Honda)、岡野祐一郎(東芝)、生田目翼(日本通運)らが上位指名必至だ。リリーフなら、先発もこなせる甲斐野央ひろし(東洋大)が筆頭。左腕は即戦力という観点では今年は粒が小さい。


 野手に目を移すと、注目したいのは外野手の近本光司(大阪ガス)だ。パンチ力のある打撃、盗塁ができる走塁とも1軍レベル。外野が固まっていない球団に入れば新人王の可能性もあるだろう。

 内野手なら攻守にしぶとさを感じる山野辺翔(三菱自動車岡崎)、ソツなく1軍に溶け込める実力を持つ木浪聖也(Honda)が有力候補に挙がる。

《即戦力ベストナイン》
先発投手(右) 松本 航(日本体育大)
先発投手(左) 小島和哉(早稲田大)
救援投手(右) 甲斐野 央(東洋大)
救援投手(左) 庄司拓哉(日本通運)
捕手      太田 光(大阪商業大)
一塁手     頓宮裕真(亜細亜大)
二塁手     山野辺 翔(三菱自動車岡崎)
三塁手     中川圭太(東洋大)
遊撃手     木浪聖也(Honda)
左翼手     近本光司(大阪ガス)
中堅手     辰己涼介(立命館大)
右翼手     笹川晃平(東京ガス)

取材・文/菊地選手(野球部研究家)
― [ドラフト会議]を10倍楽しむ方法 ―





おすすめ記事