スポーツ

プロ野球ドラフト会議2018、最強の“一芸選手”は誰だ?

 10月25日に開かれる、プロ野球ドラフト会議。各メディアを賑わす「ドラ1候補」の陰に、即戦力となりうる「隠し玉」も多くいる。アマチュア野球界に精通し、ドラフトを知り尽くしたライター・菊池選手が「獲るべき選手」や「大化け選手」を発掘する!


スペシャリストが大集結 最強の“一芸選手”は?


 代走要員としてすでに1軍ベンチに入れるだけの走力を持つのが米満凪(奈良学園大)。チームに魂を吹き込んでくれる負けん気の強さも頼もしい。長沢吉貴(日本大)も盗塁能力が高く、米満同様に小柄ながらスピード感のあるプレーが光っている。

 今年は捕手の好素材が少ないなか、肩に関してはすでに即戦力なのは橋本昂稀(京都学園大)である。打撃に目をつむれば守備型の捕手として掘り出し物だ。

 パワフルな打撃が光るのは龍幸之介(三菱日立パワーシステムズ)。打球の初速はアマ球界では別格。プロで勝負させたい人材だ。

 投手に目を移すと、ツボにはまると痺れるような快速球を投げる橋詰循(栃木ゴールデンブレーブス)に可能性を感じる。ムラはあるものの、大化けすれば球界でも指折りの速球派になるだろう。他にも鎌田光津希(徳島インディゴソックス)の、打者の手元で鋭く動くクセ球も出色だ。

 変則投法で面白いのは戸郷翔征(聖心ウルスラ学園)。秋吉亮(ヤクルト)を彷彿とさせる独特のリズムで投げ込むサイドスローで、初対戦した打者は面食らうこと間違いないだろう。

《能力別一芸選手》
快足  米満 凪(奈良学園大/内野手)
強肩  橋本昂稀(京都学園大/捕手)
パワー 龍 幸之介(三菱日立パワーシステムズ/外野手)
速球  橋詰 循(栃木ゴールデンブレーブス/投手)
変則  戸郷翔征(聖心ウルスラ学園/投手)

取材・文/菊地選手(野球部研究家)
― [ドラフト会議]を10倍楽しむ方法 ―





おすすめ記事